[26]【岐阜城】驚愕‼️イコンシールを貼った場所で‥⁉️

急遽!前回【謹賀新年】の続編を書くことにしました。
それは昨日、東海地方の新聞やネットニュース各紙で、『岐阜城で織田信長時代の天守閣の土台とみられる石垣発見⁉️“安土城が最古“の定説が覆る可能性も‥⁉️』と、いう見出しの記事が掲載されました。
.
これまで信長が造った最も古い天守は滋賀県の安土城と言われていましたが、今回の石垣の発見でその定説が覆る可能性があるとの内容です。
ここからが本題です‼️元旦の金華山登山で、私は岐阜城の北西角の基礎柱にイコンシールを貼りました❗️孫に注意はされたものの‥(#^.^#) その真下が今回記事になった石垣だったのです‥‼️
岐阜市は『天守閣の起源を研究する上で重要な発見』として、今後さらに調査を行い、岐阜城の全容解明を進めるとしています。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このイコンシール(ライトシール❗️・ダークシール❗️)は、オーディオやケイタイといった電磁波領域のエネルギーに触れることで宿る邪悪なエネルギーの排除ができたり、さまざまな食品に宿る有害物質が軽減され味が円やかになったはたらき等は既に実証されています。
また、イコンシールは、誰でも使え、そのはたらきは、コマンドの言葉を発すれば、子供から大人まで、信仰のあるなし関係なく機能します。
イコンシールのはたらきは、岐阜城天守閣の石垣を発見させ、史実をも明らかにさせる、視座に入ったのかも知れません‥⁉️
今日の岐阜地方は『雲一つない日本晴れ』あっ❗️そう言えば、元旦のお詫びがまだでした。
信長様、お城の基礎柱にイコンシールを貼ってゴメンなさい(^_−)−☆
事務所から眺める岐阜城は、何時もながら雄々しく佇んでいます‼️
取り急ぎ報告まで‥❗️
                             令和二年一月九日