第13回目

マッサンPart2

2022年8月13日
語り:たずさえ社

たずさえ社では、夏野菜の最盛期を迎えています♪
きゅうりとなす、ピーマンにししとう等々… 日毎、否、毎分毎秒成長する野菜たちには目を見張ります(^^♪

8月12日が父親の命日なので♪ 今年のお盆は『精霊馬』を作り、亡き父母の遺影に大好物だった鰻丼と一緒にお供えをしようと思いついたのが8月11日♪
翌12日朝、目が覚めたら、左股関に激痛が走りました♪「あれ?股関節を痛めるつけるようなことしたっけな~?」と、考えても心当たりがありません♪とは言え、体が動かないわけでもないので、いつものように畑に行きました(^^♪

畑から帰り、収穫したなすときゅうりで『精霊馬』を作りました♪ ↓↓↓↓↓♪

そして今朝、目覚めたら、またまた左股関節に激痛が…❕「なんでかな~?」と考えていると、足元のサーキュレーターに目が止まり「あっ!そうか夜通し動いていたのか~?なるほど痛みの原因は冷えだ‼」咄嗟にスイッチをOFF♪ その瞬間!またあの激痛が…⁉( ゚д゚)ハッ!、
「そうか!マッサンお盆だから帰ってきたのか⁉」と、勝手に思いを馳せたのです♪
「わかったよ♪マッサン‼あんたにも精霊棚を作るね」と、心の中で呟き、サーキュレータを眺めました(^^♪
そう云えば生前のマッサンは、セミナーの時、良くデニッシュ系の菓子パン美味しそうに頬張っていたような~♪知らんけど(^^♪ マッサンの簡易精霊棚です(/ω\)(^^♪ ↓↓↓↓↓↓

嘘のような本当の話(^^♪ 精霊棚を備えたら、今のところ痛みを一切感じません(笑)♪

マッサン~♪ 明日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみま~す♪

第12回目

原爆の日

2022年8月6日
語り:たずさえ社

ロシアが核による脅威を行うなど、核兵器を巡る緊迫感が増す中で、77回目の原爆の日を迎えました。
広島の平和式典には、これまでで最も多い101か国の代表が参列しました。
核の惨禍に人類が決してさらされることがないよう核廃絶を訴える被爆地・広島からのメッセージは、
ひと際重みを持ちます。
あえて音声は入れてませんが、下の写真のような行為に対して、私はこう思います。

沢山の人が亡くなった厳粛な追悼の場でやる事か?静粛な平和への祈りを妨害してまで「戦争反対」と、狂ったように叫んでいる人たちは、誰に向かって吠えているのか!
どうしてもやりたければ、ロシアか、ワシントンD.C.もしくは北京に行ってやれ!

8月9日は、長崎原爆記念日です。私は静かに祈ります‼ 黙祷。

第11回目

旧友

2022年7月29日
語り:たずさえ社

下駄を鳴らして奴が来る♪腰に手ぬぐいぶらさげて~♪
ああ~♪夢よよき友よ♪お前今頃 どの空の下で 俺とおんなじ あの星見つめて
何想う~♪

先日、旧友達から暑中見舞いが届きました。(勿論LINEメールですが…♪)
3~5年ぶりの友人もいます。小中高並びにサラリーマン時代の友人等々…♪
みんな必ず書き込むワードがあります(^^♪ それは…『定年を迎えました♪』とか『もう若くない』です。
私には全く実感のない言葉ですが、とりあえず同じ内容を皆に伝えます♪
『資本主義の後は農本主義じゃ~!、畑やれ!田んぼやれ!死ぬまで現役!じゃあまたね(^_-)』と返してます♪
すると旧友達は、『若いな~・達者やな~・相変わらず元気やね~・変わらんな~』等と返してきました♪
私は、すかさず畑の写真を送信しました♪

旧友達は『その元気は何処から湧いてくるの』と云ってくるので、『耕作放棄された畑を耕していると、体力もつくし、元気にもなる!運気も上がるぞ~!』と、返すと『近い内に岐阜へ行くわ~』ですって♪

メールを返して、ベランダ越しに映る星空を眺めてたら『わがよき友よ』を口ずさんでいました♪

さあ~♪明日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪

第10回目

総本山

2022年7月23日
語り:たずさえ社

諏訪大社本宮での御神業を終え、私たちは上田城跡に向かいました。
真田信繁(幸村)の父、真田正幸によって築城された上田城は、徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として知られています。
本丸跡のお堀を左回りに三週廻ったところで石神師が、此処には、よどみがないね♪と、言いました。
そして真田神社を見学して上田城を後にしました。
翌日、松代にある旧前島住宅を訪れました。~松代に現存する最古の武家屋敷~

私的に、この度のご御神業で一番重要だったのが、此処、旧前島住宅なのです。
3年位前から訪ねたい場所だったのです。

二代作左衛門一之は、真田昌幸・幸村父子が九度山蟄居の際、家臣十六名の一人として供奉しています。
昌幸が死去した後『大阪の陣』には加わらず他十三人と、上田に帰郷しました。その後、元和8年(1622)年に、真田信之が上田より松代への移封の際お供し、屋敷を現在地の松山町に拝領されています。その後昭和初期まで居宅として使われていました。

管理人さん曰く、古文書には、前島性の発祥はこの地から始まっています(^^♪ 
ここは前島性の『総本山』ですよ‼っと、『全国の前島性の総本山なんです‼』と、力強く云われました❕ 因みに管理人のおじさんは近藤さんでした(^^♪

家系図には『治』・『作』・『一』の付いた名前が多いのが特徴です。因みに、私の祖父は『治作』、父は『正一』です。
此処に来て、芯のない空洞化現象を止めるきっかけになれたような気がしています🎶
心地の良い場所です。縁側に座して、池を微睡みながら浄化上昇を楽しみました(^^♪

さあ~♪明日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪

第9回目

諏訪大社前宮・本宮

2022年7月16日
語り:たずさえ社

下社春宮・秋宮への参拝を終えた私たちは、上社前宮・本宮へと向かいました。
忌まわしニュースにより重苦しい気持ちのまま、私たちは前宮に到着しました。

鳥居をくぐり本殿に向かう途中、空気が変わった!
私の先を歩く石神師が光に包まれた!
すかさずシャッターを切りました。

よく見かける光景なのですが、前宮の本殿に立ってわかりました。
元々、これは『大祝』が就任する前に『精進潔斎』を行う仮屋だったのです。

神韻縹緲たる、畏怖とも畏敬とも云えぬこの場に、只々深く頭を下げるのでした。
本宮参拝の準備が整い、二人は前宮を後にしました。

石神師が、柏手を打ち御神業に入った直後、笙の音が鳴り神事が執り行われました♪
日本最古の神社の一つともいわれるほど古くから存在する諏訪大社への御神業も滞りなく終わりました(^^♪

この度の御神業中に、卑劣な蛮行に命を落とされた安倍晋三元総理大臣に、心から哀悼の意を表します。

第8回目

御神業のはずが

2022年7月8日
語り:たずさえ社

本日は、予てより計画していた御神業のため、信濃國一之宮 総本社 諏訪大社を参拝しました。
諏訪大社では、古より最も重要な祭儀とされる、上社・下社(四社)社殿の四隅に御柱を建立し、大社の御霊代を奉安する宝殿の造営を行う遷座祭が(4月1日から6月15日)斎行されました。

下社春宮
社殿までは日差しも強かったのですが、石神師が祈りをささげると心地よい風が吹きました♪
春宮の御神業を終え、下社秋宮へ向かいました。

秋宮に到着した直後、スマホニュースの着音が鳴りました!
『安倍晋三元総理、凶弾に撃たれ心肺停止!』二人とも、一瞬目を疑いました。

それぞれ思うところもありましたが、気持ちを入れ替え秋宮の御神業に就きました。
大祭後とはいえ、秋宮は結構な賑わいを見せていました。

下社秋宮
追記、秋宮での御神業が『安倍晋三元総理』の御霊祈りへと変わっていました。

真っ直ぐな気持ちで日本を愛し、真っ当な価値観で世界のリーダーを惹きつけた総理は、これまでいなかった。日本には、安倍元総理のような人が必要なのです。
祈りもむなしく、安倍晋三元総理は凶弾に斃れました。

御神業の報告は、次号に続く…♪

さあ~♪明日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪

第7回目

畑三昧2

2022年7月3日
語り:たずさえ社

先日、たずさえ農園に突風が吹き荒れました‼(↓御覧の通りです)


幸いにも大した被害ではありませんでしたが、弊社のスタッフが即駆けつけてくれ、約2時間ほどで復旧しました。
また、他の農地の復旧応援もさせて頂きました。

それにしても暑い❕兎に角暑い‼ この日も岐阜地方は38℃越えでした。
復旧作業終了後は即解散し、各自帰路につきました♪
自宅に帰った私は、即シャワーを浴び、自室に居る『マッサン♪』にスイッチon~♪
今日も清涼な風を送ってくれる『マッサン♪』なので~す🎶

『マッサン♪』何時もありがとう(^^♪
さあ~♪明日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪

第6回目

安全祈願

2022年6月25日
語り:たずさえ社

弊社の主体事業は警備業です(`・ω・´)ゞ
工事現場や駐車場等の車両や歩行者を警備員が誘導し、混雑の緩和を図り、安全の確保に努めるのが主体業務です。
しかしながら、全てのドライバー並びに歩行者が警備員の誘導に協力してくれるわけではありません。

最近の警備事故事例を見ると、工事規制範囲内に車両が突入して交通誘導員が事故に巻き込まれるケースや、作業車両が安全確認を怠った為による過失事故などがあります。

また高齢者の運転による過失事故も多いので、弊社の警備員さんはハラハラドキドキで交通誘導に勤しんでます♪

クルマ社会です。いつ誰がどこで事故に遭遇してもおかしくない、そんな車社会の安全祈願は……♪

この写真は、先般奥飛騨温泉郷にて交通規制を実施しました。その折、規制の始点と終点に安全祈願のイコンシール貼るのが私の習わしとなっています♪

また、弊社の全車両並びに警備員さんのヘルメットにはイコンシールが貼ってあります♪

さあ~♪今日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪

第5回目

思い出

2022年6月18日
語り:たずさえ社

4年前の夏だったかな~、一泊二日でマッサンの自宅のお片付けに行きました。
生前整理というには中途半端過ぎて、不本意な終わり方をしたのを覚えています( ´艸`)
当時のマッサンは、『兎に角断捨離がしたい』と、強く切望され、『覚悟は出来てるの?』と、確認すれば、『ハイ』と力強く回答。そして7月のセミナー翌日、現地踏査のため京都の自宅へ赴きました。

宅内を拝見し、一同唖然( ´艸`)
照れながらマッサンは『びっくりしたでしょう』と、笑う♪
あれこれと説明をして、片付け当日までの約一か月で、自らもある程度の仕分けをしてくれるようお願いをし、その場を去りました。

当日、現地を訪れた私は絶句!そしてマッサンに『マッサン‼全然仕分けしてないやん!』と、チョット怒る(# ゚Д゚)
照れるマッサンが『中々決決断出来なくて』…
無駄に時間が経つ… マッサンの不安定な精神状態が伝播してか?まだ何もしていないのに一同疲れる…

何かとアクシデント続きの作業初日が終えた頃、師が慰問に見えました。
その夜、師を囲み会食。その時のマッサンの満面な笑み↓

処分品の中には新品の物も多々あり、マッサンはそれらを『良かったら貰ってくれませんか?』というので、有難く頂戴した。私はサーキュレータを…♪

実に中途半端な生前整理というか断捨離というか~お片付けというのかな~なんだかな~~も、最終段階に入り、私はマッサンに伝えました。
『マッサンこんな中途半端でいいの?本当にこれでいいの?』と、問いかけると『良くやってくれました』と、深々と頭を下げる。そしてマッサンが『またお願いします』と、『エッ!!!!!!エェェェッ…!』逃げ帰りました♪(笑笑)

『車での帰りは、新しいバイパスを通ると名神にそのまま入れます』とマッサンが言う。
その通り走るのですが、何故か京都南🆋で降ろされる。2回繰り返しました。ぞぉ~ぉ!京の闇は深いな~

今では、そのサーキュレーター私の日常生活ので欠かせない逸品となりました。
私のそばで、マッサンが活躍してくれています。マッサンありがとう~🎶

さあ~♪明日もがんばるぞ~♪ 農耕を楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪

第4回目

畑三昧

2022年6月2日
語り:たずさえ社

昨年の秋、ふわっとした気持ちで始めた畑作業も、今では毎朝の日課です。
不思議なもので、無心で夢中になれる場所なのです♪
これがアーシング効果なのでしょうか?
今では専ら『浄化上昇』はこの場所でやってます♪
炎天下とはいえ、吹く風爽やかな、たずさえ農園です🎶

☝本日収穫した野菜です🎶
ご近所さんが曰く、自分達の畑よりも収量が良いと…(^^♪

さあ~♪今日も農耕を楽しみながら、自分磨きに勤しみます。