第25回目

雨のMARCHE

2022年11月29日
語り:たずさえ社

本日(11月29日)早朝よりMARCHEを開催しました♪(岐阜県各務原市マキ本店にて)

このレストランは、水曜日にもなると長蛇の列ができるランチの名店(特にステーキランチが大人気🎶)
あいにくの雨にもかかわらず早朝から多くの人が集まり、所要約20分程で、軽トラックに満載した野菜は全部完売しました♪

明日30日は、この近くに在る喫茶パルさんにて午後14時よりMARCHEを開催します♪
パルさんは、今回で2回目の開催になります♪ パルさんの女子会に集まるwomanpowerには圧倒されます(^^♪…でも私には免疫があります…♪

収穫から出荷準備そして販売(MARCHEの開催)までを、1オペで熟すことにも慣れはしたものの… 投稿20回目の二の前を踏まないためにも… そろそろ河童のおばさん応援に来てくれないかな~(^^♪

第24回目

永遠の嘘をついてくれ

2022年11月21日
語り:たずさえ社

先日(11月12日)ダッキーCPを還してサウンド聴きました♪2曲ほど聴いたところで、胸が熱くなり、涙腺が緩くなるのを感じました♪ 久しぶりの感覚です🎶 まさに『琴線に触れる』といった感動を受けました(^^♪
そして、忘れていた記憶が甦ってくるのです(^^♪ これがダッキーCPと云うやつなのでしょうか? 受け方はそれぞれなのでしょうが……♪ 早くもダッキーに魅せられてしまった私なのでした♪

『永遠の嘘をついてくれ』は、中島みゆきの楽曲ですが、私は初めて聴きました♪
目を閉じてこの詞を深々と聴いていたら、( ゚д゚)ハッ!と、気づきました❕それは…♪
『あんたは、嘘つきや!でも、折角つくなら、ず~とつき続けや、そやないと許さんからね』
大阪出身の家内が約30年前に云った言葉です♪ 家内は知っていたのでしょうかこの曲を…? 
そして、『糸』を選曲しました♪ 名曲は歌うより聴く方がいいですね~♪ そこでまた( ゚д゚)ハッ!と、思い出しました♪
20年前、会社を倒産させ、失業して引きこもっていた時期に… 私が家内に1年以上、紐のような生活をさせてもらっていることに対して、謝罪と感謝を述べた時のことです♪『あんた勘違いしてない?紐ほど太くないよ!今のあんたは… 糸…!蜘蛛糸だからね』切ない時の思い出が、巡りに廻るひと時でした♪

ダッキーCPは、『精神学は実学』を、具体的に反映させて逸品(^^♪ 私の好きな四文字熟語に『知行合一』がありま(知識と行為は一体である… 本当の知は実践を伴わなければならないということ)
今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きましょう

第23回目

山岡鉄舟

2022年11月13日
語り:たずさえ社

一昨日の昼過ぎにGさん(第16話に登場)の奥様(徳子さん)からの電話を受けました♪
『前島さん、主人が趣味で集めた多くの『書』を売却してますが、あなたも一幅程必要な書があったのでは…?』と、云う内容でした。
そして私が『Gさんがコレクションを売却するとは尋常ではありませんね?』と、尋ねると『そうなんです!余命宣告を受けました…』薄々わかってはいたのですが… 奥様『ほとんど売却してしまいましたが、今残っている書は、井上馨と山岡鉄舟と…』、私『あっ⁉それです!山岡鉄舟です‼』と、告げました。
『主人は、わかっていたのかな?前島さんの好きな書を…』、私『多分わかっていたと思いますよ、Gさんらしいですね』
Gさん宅には、農作業の関係上2日置きには伺っていたのですが、10月上旬に酒を酌み交わした以来会っていません。
Gさんは、10月の上旬、突然私に電話をしてきて『前島さんこれから酒を飲みませんか』寿司屋で2合徳利を5本程空け『海ゆかば』を謳いました♪ あれがGさんにお会いした最後です。
書は、Gさんから直接受取ったわけではありませんが『前島氏ありがとう』と、云う心遣いを感じました。
奥様は『13日の日曜日から入院ですが、もう家に帰ってくることはありません…』と、呟きました。
Gさんは、もう長くない自らの死を覚悟していました。税理士業を英断し看板を下ろした様は目を見張るものがありました

山岡鉄舟(江戸無血開城の立役者)
52歳で胃がんにより死去した山岡鉄舟は、皇居に向かって結跏趺坐したまま、絶命したといいます。
癌と闘う断末魔の苦しみを少しでも緩和できるようGさんの写真と山岡鉄舟の書にイコンシールを貼りました。
Gさん、本当にご苦労様でした。ゆっくりお休みください。そしてありがとうございました。

第22回目

実学を喰らう

2022年11月6日
語り:たずさえ社

本日の岐阜は、信長まつりで大賑わいでした🎶 キムタク扮する信長公に『キャーキャー』の歓声が……♪皆様も、テレビでご覧になられた事でしょう(^^♪

昨日、経営者仲間に『前島さんの野菜、うちの会社に持ってきて』と、注文を受けたので、その会社に伺いました♪ その時、撮影されたスナップがグループlineに投稿されました♪

この投稿のお陰で注文が相次ぎ、対応に追われた一日でした♪
本日はといえば、『キムタクフィーバー』で、温浴施設の来館者も少なく、久しぶりに休みがとれました♪ これは『キムタク』のお陰…? 最近、お客様に『前島さんの野菜は味が濃い』とか『The野菜って感じ』等とお褒めの言葉を頂きます♪
有難いお話ですが、ここ最近は多忙過ぎて~目が回る日々を送っています♪ 久しぶりの休みは『Thecookingtime』🎶


長良川の野菜、紀ノ川の金山寺みそ、これぞ『実学』の掛け算料理(^^♪ なんちゃって…♪
目まぐるしい一日の終わりに、ふと『精神学は実学』その実用的且つ、進歩に直接貢献できているのだろうかと考えてしまう、今日この頃です♪ 

第21回目

精神学は実学

2022年10月31日
語り:たずさえ社

里の秋に映えるこの菜園風景~♪

のどかでした…♪ つい一か月前までは(^^♪ しかし、夢にまで見た光景が現実のものとなると、生活が一変しまします♪
先週の木曜日、たずさえ社 長良川菜園の直売所がopenしました~🎶

今までは、農作業(収穫も含む)➡皆さんに食べて貰ってました♪
今では、農作業➡加工(洗い、選別、軽量、袋詰)➡納品➡陳列➡販売までが、ここ数日の一連の流れになりました♪
私も働きますが、野菜たちがいい仕事をしてくれているな~と感じるのは、『美味しい野菜ですね♪』と言われた時です♪

まだ始まったばかりの仕事ですが、この調子で行くと品切れ⁈の可能性も… 余り考えないようにします(^^♪  
このニュースを知った、経営者仲間達が『うちの会社で職域販売して』とかお弁当屋からoha-が来たりと有難いことですが… 始めたら止められません♪ 邁進します🎶 『精神学は実学』を実感しました(^^♪

第20回目

過ぎたるは及ばざるが如し

2022年10月23日
語り:たずさえ社

最近、わが菜園を見に来られる方が増えてきてます。友人、知人にお隣さん等…♪
そして、皆さんが『いいところですね~♪』『ここは気持ちがいい~♪』『きれいに野菜を作ってますね♪』等と言われます♪

幾つになっても褒められると嬉しいものです♪ 農作業にも力が入ります♪ 調子のいい時などは、午前中は農作業、昼から本業、夕方農作業♪ そんなルーチンを見かねた、農作業の師匠徳子さんは、『前島さんあまりやり過ぎると体を壊すよ』と労いの言葉をよくかけてくれます(^^♪
それが昨日の22日夜、右足のひざ裏脇の筋に痛みを感じました。深夜寝返りを打つと激痛が走る⁉ 翌朝足を引きずりながら畑に行きました( ´艸`)
その旨を徳子さんに報告すると『だから言ったこっちゃない~』と、苦笑(^^♪

近々温浴施設で野菜の直売が決定しました♪

学んでも学んでも、人間は思いの世界のトラップにはまり易い⁉ あっ‼私のことでした♪
明日、整形外科に行ってきます(^^♪

第19回目

休日

2022年10月16日
語り:たずさえ社

本日も素晴らしい秋空でした♪ よどみのない清流長良川菜園からの一コマ(^^♪

今日も早朝より野良作業です♪ イチゴの苗を200株程植えました… そして冬野菜の畝作り等々…朝からたくさん汗かいてます(^^♪

そういえば昨日、10月15日は長良川鵜飼の千秋楽でした♪ 下の写真は『鵜飼』のクライマックス『総がらみ』です♪ 6隻の鵜舟が川幅いっぱいに横一列に並び、一斉に鮎を浅瀬に追い込みます♪
鵜匠の『ホウホウ』と鵜を励ます掛け声、舟の舵を取る『とも乗り・なか乗り』が舟べりを『ドンドン』とたたく音🎶 暗闇に浮かぶ篝火(かがりび)が、水面を鮮やかに照らしながら一斉に浅瀬に向かう様子を眺めていると、まるでタイムスリップしたかのように幽玄の世界に引き込まれるような気になります♪

最後のフィナーレに盛大な花火が打ち上げられます♪ 写真ではしょぼい(/ω\)ですが~♪

私の休日の醍醐味は…cookingで~す♪ 自分たちで作った野菜様に『一期一会』の縁とイノチを観じ調理する(^^♪
本日のメニューは、サツマイモのガレット・茄子の糠漬け・生ショウガで~す(^^♪

ガレットは、バターに黒糖を混ぜて焼き上げました♪ 糠漬けは定番味! ショウガは…?シオンさんの金山寺?味噌をつけていただきました(^^♪

第18回目

2022年10月8日
語り:たずさえ社

前回の、投稿前から続いた日々は、言葉では表現し難い、負の波動の中に晒されていたような気がします。
身から出た錆とはいえ、畑で犯した火傷から始まり、人から受ける悪意のある波動などに翻弄されたり… 久しぶりに強いストレスを受けた感がありました。漸く落ち着き払ったのか、投稿に向き合えるようになりました(^^♪

私は、畑の中で、無心に浄化上昇をしながら、身体と心に汗をかいて正気を取り戻します♪

たずさえ社、清流長良川菜園では、夏野菜から秋冬野菜への衣替え真っ最中です~♪

先日(9月27・28日)、二夜連続父親の夢を見ました♪ おぼろげながら夢の様子だけは覚えています♪
初日、親父が作った手料理で酒を酌み交わす二人~♪ 二日目、病床を見舞った私に満面な笑みを浮かべる親父♪父親が亡くなって、この8月で2年、初めてのことです🎶
和歌山で『ナンダ師』からのメッセージを受けてからのことでもあり、何か意味でもあるのかな~っと回想しました❓
その日(27日)の午後、最近『命の書』に登録した弟から電話がありました(たずさえ社に復帰したい)と、私『同じ過ちを繰り返したくない!もう一度よく考えて電話してこいと…』その日は突っぱねました。
翌早朝(28日)親父の遺影を見つめ『弟のことか~?』と呟きました♪ その日の夕方、弟から電話が入り(決心しました。よろしくお願いします)と、幾らか弟の戯言を聞いてから、私『二夜連続で親父が夢に出たけど、お前ならどう思う?』と、弟に尋ねたら、弟は泣いてしまいました。

亡き父が、『安倍元総理の国葬の日』に、夢に出てまでも、私に伝えたかったメッセージは、『ゆるす』だったのかな~っと思っています。

写真の女性は、この菜園に良くお手伝いに来ていただけるカッパツで親切な方です♪ 最近、里芋の葉の近くで、『カッパ様』を良く見かけるそうで~す♪

第17回目

農に学ぶ

2022年9月18日
語り:たずさえ社

左折禁止の標識に、迷う赤トンボが揺れているのを、信号待ちの車窓から見ました。
移り変わる季節の中で、彼の心も揺れ、喧騒の日々に埋もれてゆく。そして孤独な悲しみを、セピアカラーに染めていく。
彼は道づれ求めて、人海を漂う。彼らは安らぎ探して、これから何処へ行こうとしているのか。

このところ、人の入れ替わりで、心身が痛みます。淡々と消化できない己の非力を恥じます。
百姓をやっていますと、癒されもしますし♪諭されもします♪ 自らの働き方に、驕りはないか、慢心はないかと…♪
先ほど逝去された稲盛和夫氏は『大善は非情に似たり、小善は大悪に似たり』と、言って、京セラのみならずKDDI並びにJALの再生など数々の偉業を成し遂げたました。農にも言えることです。良い菜を作るためには、適切な時期に大胆な剪定が大切です♪ 我が、たずさえ社も、そのタイミングが来ているような…(^^♪

大型台風14号が日本列島を直撃しそうです。できるだけの備えを畑にします。さて、今日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみま~す♪

第16回目

命の書

2022年9月10日
語り:たずさえ社

7月の大阪セミナーで、私を見るなり、師が言いました。『なんで君そんなに妬まれているの?しかもおっさん達に…』余りにも唐突な問いかけに、私、『特段心当たりはありませんが…?』それからと云うもの、師からの問いかけが脳裏を離れません。そして数日が経ち、ある三名を特定しました。
その内の二名は、今年、私の元を去った二人。あと一人は、私に百姓を進めたGさんでした。
特にGさんとは、週に二回は酒を酌み交わす程の関係でもありました。
そして三名を回想し『命の書』への登録を決意しました。

『命の書』が、私の元に届いた翌日、何時ものようにGさん宅を訪ねました。
いつになく怪訝な表情で私を迎え、開口一番『私は精神学が嫌いだ!』と、語りだすのです。しかもこのタイミングで!
『毒』吐くGさんを淡々と見つめながら『命の書』による反応を強烈に目の当たりにするのは、初めてではありませんが、今回は最強でした。そして『毒』を吐き終えたら、『憑物』が落ちたかのように、いつもと変わらぬ柔和なGさんが、そこに居るのです。当分、このサイクルは繰り返されますが、私の経験上、人にもよりますが一定の期間が過ぎると、心穏やかになります。父も義母もそうでした。

後日奥様より、『このところ主人の体調も悪く、気分が高ぶっていて、何かの拍子で前島さんを思い出すと、挑戦的で激高します。私も困っています。当分の間は、我が家に立ち寄らないで下さい』と、メールが入りました。このまま、Gさんとの関係が、遠くならないよう祈る限りです。

今を生きる人に『命の書』への登録がもたらす変化(反応)は、怒りを受けたりもしますが、最後は登録した側、された側への学びが実感できます。後で後悔しないためにも、気になる方への『命の書』への登録はお忘れなく♪

そう言えば、随分前に家内を『命の書』に登録しましたが…♪ ず~っと『毒』吐かれてま~す(^^♪ 
違うか~♪

さて、今日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみま~す♪