第14回目

何田匡史さん似の存在との出逢い

2022年8月11日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

何田匡史さんが、この世を旅立ち、早くも半年が経ちました。島道鉱泉へ続く道のりで、雪崩に巻き込まれて、尊い命を失った彼の思いを想像する日々が続きました。わたしは、この世に生きていながら、暗黒面の闇にいたのです。生き地獄を味わっているうちは、この世の役目など果たせません。わたしは、じぶんを悲劇のヒロインのように演じていたのだと、気がつきました。亡くなった人を、いくら思い描いてみても空しさが募るばかりです。何田匡史さんとの楽しい時間を思い出すたび、涙が溢れてきて、かえって落ち込みました。自分の気持ちが、地の果てまで下る日々が続き、段々とじぶん自身に嫌気が差してきました。そういう時は気分転換が一番だと思い、いつもしないような事をしてみようと出掛けました。

5月下旬、島道鉱泉の家屋の一部が有形文化財に登録された際に、決め手になった『高田瞽女(たかだごぜ)』の保存会の総会に参加してみました。その会に参加していた中に、何田匡史さんに、どことなく似ている男性と繋がりました。わたしは、神様業界の仲間入りをした、匡史さんが繋げてくれた存在のような気がして、その彼と次の約束をするためにアポイントを取りました。亡くなった何田匡史さんが、この世に生きていてくれたら、何度も何度も考えました。

でも、もう彼の肉体はありません。彼の気持ちも判りません。ただ、ひとつだけ確かなものは、何田匡史さんは、生前から、わたしの幸せだけを願っているということです。

わたしは、何田匡史さんを忘れません。わたしは、何田匡史さんの物語を伝え続けます。わたしは、何田匡史さんを語り続けます。わたしは、何田匡史さんの生きてきた証を残していく事を決意しました。わたしと何田匡史さんの新たなステージが始まります。

第13回目

新しい出会い

2022年8月4日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

家屋をはじめとする、大沢岳や自然界の生き物は、島道鉱泉の代表的な象徴です。

何田匡史さんが、愛してやまない島道鉱泉の環境を、生きているわたしたちが守り、発展させなくてはいけません。
1人でも多くの方が、島道鉱泉に訪れていただき、ごじぶんの本来の役目に気づいていただくためのプロジェクトが始まります。
個人的なお話しですと、わたし自身も、新しい出逢いがありました。
死後の世界に旅立たれた何田匡史さんに感謝しながら、今日の幸せを噛み締めています。
この世に生きているわたしと、死後の世界で活躍されている何田匡史さんの物語は、まだ、まだ、続いていきます。
今日ある命を大切にしながら、じぶんに関わってくださる方々に感謝しながら、与えられた環境を喜んで受け入れ、邁進していきたいと思います。

第12回目

何田匡史さんとの別れ

2022年7月28日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

わたしの意識は、7月3日(日)大分でのカウンセリングから変わりました。やはり、魂が入れ替わったからでしょうか。
シンロジ・ラボ大分の鷲尾先生の見解は、わたしの肉体には、西洋の魂が存在していたということでした。そして、悪魔がうじゃうじゃしている、情にまみれた神霊界に存在しているようでした。その魂は、西洋の魂が肉体から出るまで、この世に戻らないと言っていたそうです。
でも、本当は、この世に戻りたくなかったのだと思いました。この世は、不条理で、むくわれない世界です。苦しくて、辛いことしかありません。だから、地獄から、帰ってきたくなかったのだと思いました。
そして、英語脳だということも、さほど不思議ではありませんでした。なぜなら、7歳の頃、危篤状態から目覚めた時、わたしが、わたしでない自覚がありました。肉体から離れた魂は、病室のベットの窓から抜け出し、光の発光体に導かれながら、地球を二周半を巡りました。
『この世は、闇でできているんだ。わたしには関係ない。』という強い拒否感が渦巻いていました。悲惨な現場から戻った魂は、すでに行き場がなく、この世をさまよいながら、フラフラしていたのだと思います。
『わたしは、どこに行けば良いのだろう。わたしは、何のために生まれてきたのだろう。わたしの人生は、誰のためなんだろう。』
たくさんの疑問が頭を巡らせて、整理もつかないまま、親元を離れての病院生活になりました。幼少期の体験は、鮮明に覚えていましたので、大分のカウンセリングを受け、46年もの間、能登はるみではない別の魂が入っていたのは、納得できました。
7月4日(月)から、今までにない現実が現れてきました。神々が動き始めた事を切実に感じるようになりました。
いよ、いよ、新しい人生が始まります。何田匡史さんと一緒に取り組むはずだったプロジェクトを成し遂げます。

第11回目

病は気から

2022年7月21日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

記・7月10日(日)
人間界では、妹で生まれた彼女が、実は『お薬師さん』で、菩薩、地蔵、石だったなんて、、、大分カウンセリングでの、積会長やシンロジ・ラボの鷲尾先生の言葉の使い方が、態度が、雰囲気が、、、とても勉強になりました。わたしの人生は、わたしだけのものではなく、わたしに関わる全での存在と繋がっていると勝手に思い込んでいるじぶん。毎日、脳みそを取り出し、島道鉱泉の源泉で、ゴシゴシと汚れを洗い流しているイメージで、過ごしております。抗酸化、抗菌作用、一晩寝ると、エネルギー、肉体、精神の疲労が、遥かな彼方へ飛び出していく、、、その飛んでいった疲労は、どこにいくのだろうか。島道鉱泉には、不思議なベールが山全体をおおい、霊や魔や神は、必ず、それをめくってくるので、必ず頭を下げています。

何田匡史さんと、一緒にお風呂に入っている時、わたしたちは、必ず頭を下げて、入浴をさせていただきました。匡史さんは、京都から移住してきたばかりの時、浴槽に潜っていました。浴槽に潜ると、メッセージが聴こえていたようです。わたしの魂は、長い間、地獄に滞在していましたが、人間観察はしっかり出来ていました。何田匡史さんは、浴槽に潜り、ごじぶんの肉体の健康診断をされていたと思います。以前、和歌山県在住の女性の方が、水が話しかけて、カラダを身体検査しているみたい、何も言わないので、どんな意味ですか。と聞かれたことがあります。

以前、精神学協会の積会長に、『君は、人より脳みそが多いよ。』と言われました。それまでは、首が詰まっていましたが、積会長に言われてから、納得しましたので、首が詰まらなくなりました。積会長は、にんげんの形をしていますが、実は、にんげんの病気を治す人なんだと思います。

病気が治れば、病体が治ります。
体の調子が良くなれば、気分が良くなります。
気分が良くなれば、気持ちも軽くなります。
気持ちが軽くなれば、何かやりたくなります。
と、いうように、わたしちは、毎日、見えない世界で生きています。
昔の人は言いました。『病は気から』その通りだと思います。

わたしは、明日、東京で開かれる事業説明会に参加します。世界一、愛されるECサイトを目指している会社です。世界一、、、愛される。わたしは、闇から、霊から、魔から、地獄からも愛されるにんげんを目指したいと思います。(笑)
今後ともよろしくお願い申し上げます。

第10回目

地獄からの生還のあと

2022年7月14日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

7月3日(日)大分でのカウンセリング後、和歌山の貴志駅近くにある素敵な古民家『神饌行器(しんせんほかい)』へ立ち寄りました。
神様の絵を描くWさん。
SBMインスタラクターのMさんとAさん。
『日本人は救世主』『神を超えよ!仏を超えよ!』の出版社のS社長。
貴志駅前に出店している『自然食品の店・しおん』さんからの手作りのお料理をいただきました。

今回は、S社長が、初めて神饌行器に訪れたので、書籍の出版の事もあり、シンセン・コウセンで、神様繋がりのイベントの計画も飛び出しました。
その計画を具体的に進める時期は、やはり、シンショの2冊目『神を超えよ!仏を超えよ!』が発売されるタイミングのような気がしました。
神饌行器の皆様の清らかで軽やかな波動は、とても心地よく、改めて大分でのシンロジカルカウンセリングの内容を復習することができ、有意義な時間をいただきました。
今回の旅には、何田匡史さんの波動が穏やかなのを感じました。
まるで、これから始まる新プロジェクトを静観しているような不思議な雰囲気でもありました。

そして、神饌行器で、印象に残ったのは、正門から入った場所にあるスタジオでした。
農作業用の重機を片付けたら、ある意味、神社、それ以上に値するくらい清らかでクリアな素晴らしい空間でした。
『この場所に、神様の絵を飾れば、訪れた方を癒し、元気にしてくれるんだろうなぁ〜』と思いました。
と、同時に物質世界で始まる新しい分野での仕事が盛りだくさんな事にワクワクしました。
スタジオを拝見した時に、大分のカウンセリングで、魂が肉体に存在しない、と言われた事を思い出し、わたしの魂は、この世の穢れたにんげんが、大嫌なんだなぁとつくづく感じました。
西洋の魂が肉体に入っていた時より、じぶんの魂が入ってから、今まで以上に、とんとん拍子に事が進んでいます。
しかも、かなり、ハイスピードで、、、動いています。

7月5日(水)から、繋がっている新しいご縁の皆様。
その、にんげんの中に存在する神性が惹かれ合い交信しているような現実を目の当たりにしています。
また繋げてくれているMさんも、精神界が使した存在なのかもしれません。
次回は、7月5日(水)から始まったカミワザの現実をお伝えしたいと思います。
これからも見える世界の存在と見えない世界の存在に、誠心誠意を尽くし、礼儀礼節を重んじて、精進して参りたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。