第21回

闇の処理

2022年9月 29日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

 

 

山の斜面で転び、手をついた下に朽ちた細めの切り株があり、左手の掌を突き刺しました。

それが、9月24日の土曜日の話で、刺創は深さが3㎝ほどあり、すぐに病院へ。レントゲンの結果、次には私の地元の県立総合病院へたどり着き、大きく掌を切開する緊急手術になりました。傷の奥には、苔むした木片が残っており、それをすべて取り去る必要があったのです。

あれから五日が過ぎて、毎日、抗生剤の点滴を受けながら過ごしてします。時たま、ドクターヘリが飛んできて屋上に着陸し、また飛び去って行きます。4人部屋なのですが、私のほかは膝の手術、大腿骨の手術、肩の手術のお三方で、80歳代2人と70歳代1人という構成です。(私が最年少の60代になります)毎晩、手術後のイタイ、イタイ…の声が充満している病棟です。(整形外科病棟ですからね)でも、ここで働かれている方は、医者も看護師もお掃除の人まで含めて夜勤でも日勤でも、いつも笑顔で前向きに接してくださって(中には例外の方もいらっしゃいますが)、久しぶりの入院ということもあり、いろいろと物思う時間ができています。

2016年に79歳で亡くなった実母は、この病院で定年退職まで看護師として働いていました。(間で県内を数回、転勤していました)私にとって、支配的で万事に厳しく、愛情表現のない母親は苦手で、反発心もあり、母親の死後もなかなか過去の思いが整理できなかったのですが、浄化上昇をすることで少しずつそぎ落としていったものがあります。

前回のブログで母親の弟である叔父のことを書きましたが、子ども時代の環境や人間関係から、私は常に自分が受けた闇を、次には自分の心の中でさらなる闇として吐き出し続けていたのだと思います。そう考えると、どれだけの闇を作り続けてきたことになるのでしょうか。この作業を、人間一人一人が、大なり小なり言葉として闇を生産して自分の外側に吐き出してきたならば、この地球が闇に覆われているといわれても納得できるのではないでしょうか。人のことをあれこれというのは、まさにこの闇の再生産にほかなりません。

実は、私の世界には、私だけしかいないということです。私に向かって闇を吐き出すものがいても、それは私には関係ないことで、闇を吐き出す人の問題なのです。ただ、それに反発してしまう、または反応してしまうと、その闇エネルギーの循環につかまってしまいます。横のつながりにつかまってしまい、人間関係のエネルギーの中で、人は闇をためて疲弊していきます。

大切なのは、上に向かう意識エネルギーで光の宇宙につながろうとする意志でしかないのです。地球は、人間が出す闇で覆われています。その闇に覆われた地球を個々の意識が抜け出すことが、すでに「聖書の時代」が終わったこの時代には不可欠なことなのです。

 

日戸 乃子(ひと のこ)

第15回目

安倍元総理の国葬に寄せて

2022年9月29日
語り:説諭士

 9月27日(火)14:00
日本武道館において営まれた国葬に、わたしなりの思いを記したいと思います。
賛否両論の意見があっても、国葬が行われている時間帯にもかかわらず、反対派のデモがおこなわれていたようですが、この光景は反対賛成に関わらず、せめて国民の一人として哀悼の気持ちを示すべきではないのだろうかと、少々悲しい気持ちになったのは、わたしだけでしょうか。
例え旧統一教会問題に関することが大問題となっていますが、今後にはかるべき課題として議論すべきであって、『たましい』を尊厳視する観点から、やはり「ご苦労さま」という労いと『タマシイ』が安らかでありますようにと、手を合わせる心を持ち合わせて欲しいと思いました。
この気持ちは、あくまでもわたし個人の気持ちです。
長年日本の国のために頑張って来られた方に、感謝の気持ちを、お届けしようと思う気持ちは当然だと…

テレビの画面では、全国から献花を捧げようと、長蛇の列が続いていると紹介されていました。
心から、献花をささげる多くの人たちの中に、10代や20代そして子供達が、「ありがとう」を言いたくて来ました。とインタビューに答えていました。

日本よ!
日本人よ!
世界の真ん中で咲き誇れ!
と安倍総理の口癖だったことが、菅前総理の送りの言葉にもありましたが、前代未聞の衝撃的な死を遂げた安倍総理のことは、一生心に刻まれることでしょう。
そうした子供達が、きっと必ずや、日本の未来を背負ってくれることになるでしょう。
安倍総理の死は、若者達にとって日本の未来に光を投じてくれることを信じて、安倍総理のご冥福をお祈りしたいと思います。

◎追伸:このチャンネルでは、今後『お悩み相談室』を解説させて頂くことをお知らせいたします。

告知

いよいよ、積先生とワタクシの対談
「神を超えよ!仏を超えよ!」が
待望の紙の本としてデビューします!

ナンダ師
2022年9月29日

この対談を、読んでください。
何度も何度も、読んでください。
読み続けていくうちに、あなたの頭の中に、
ワタクシ、何田匡史のコトバを受け取る回路が生まれます。
死んだらどうなるかに興味があるひと、
死んだひとのことを知りたいひと、
自分が死んだらどうなるかを知りたいひと、
生きているうちに、先にシンレイカイのものとなった
ワタクシとコンタクトができる時代が来ました。
そして、死んでも生きており、生きている人の世界を、
いまも見ているワタクシが、このポータルサイトの
案内人の役目を、天から授かりました。
光使という名をいただいて、シンレイカイでは、
「ナンダ師」と呼ばれておりますので、今後とも、
どうぞよろしく、お願いいたします。
何田匡史

第21回目

新しく生まれ変わる島道鉱泉水

2022年9月22日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

人間界では、主人だった『能登匡史(のとまさふみ)』さん

シンレイカイでは、『何田光使(ナンダコウシ)』として働いています。

肉体は無くなっても、意識は生き続けることを、わたしは幼少期から知っていました。病院生活をしていた時、夜中に霊が話しかけてきたり、姿がなくても声が聞こえてきました。その存在は、にんげんだけではありませんでした。木や花、水や風、また石や岩など、自然界の話を聞いていました。にんげんは、大脳で考えすぎて、爬虫類脳が活かしきれていない、大脳で硬くなり、小脳が動かない。

幼少期、肺疾患になったわたしは、呼吸を楽にするため腹式呼吸を習いました。吸うより吐く方が多くないと、呼吸は楽にならない。という事を体験しました。まずは、吐き出す事が大切なんだと教わりました。

お風呂に入る時、息を、吐きます。歌を歌うとき、息を吐きます。喋る時、息を吐きます。どれも呼吸が、楽になるのです。

また、新しいパッケージの画像は、波動を浄化する『ホワイト』くんが繋がっていますから、、、光と闇の振り分け率が高くなる気がします。

ホワイトくん  彼の波動は、真っ直ぐで、純真無垢で無邪気な子供のようでした。繊細なのに、鋭さがあり、またフワフワ感がありました。何とも不思議な周波数を放っていましたので、とても判りやすい波動でした。そのホワイトくんが繋がっているパソコンからの画像を送信してもらった時に『島道鉱泉の水が、また変わるな‼︎』と思いました。今回で、5回目でしょうか?わたしが、島道鉱泉の場所に戻ってきたのが、2011年。重くて老人のような島道鉱泉水が、今では赤ちゃんのような波動に変わりつつあります。

『神を超えよ!仏を超えよ!』の出版あたり、島道鉱泉水も新しく生まれ変わります。                                   今後とも宜しくお願い申し上げます。

第20回

決別というさようなら!

2022年9月 22日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

 

※今回は、すこし私の内なる闇の話になりますので、現在、精神が不調の方は読まずに飛ばして、また後日、改めて読んでくださいね。

 

世間には、自分を中心に世界が動いていると信じている人が少なからずいます。

自分で自分をほめる自慢話と、人に対してマウントを取ることを生きがいとしており、誠実性は薄く、弱き者には強く、強き者にはだまり、得があると思えば口上手く強者に取り入り、自分を売り込みます。いや、お友達にはしたくないし、どうしても関係しなくてはならないなら、お付き合いは最小限にしたい相手です。

そんなひとりに定められるのが、母方の末子の叔父でした。

私の年齢分だけ、叔父とはお付き合いがあったわけですが、私と妹が小学生の時に母方の祖母が数年間、3日に1日ぐらい子守に来ていたことがあり、その分、母の実家が留守になっていたので、「お前を見るために、母親(おばあちゃん)が子守にいっていたから、中学生だった俺は寂しかったんじゃ!」と、70歳が近くなっても私の顔を見るといわないと気が済まない、精神年齢はまさに中学生ぐらいの叔父でした。過去に中学生の叔父から妬まれていた私は、その頃その母方の祖母にいじめられていたのですが、そんなことはまったく叔父は気が付いていなかったでしょう(ちなみに、実母も「ぜんぜん気がつかなかった」と当然のように言っていました)。正確には、祖母は私ではなく、4歳下の妹を見るために田舎から来てくれていたのです。そういう理由で、叔父は私に会うと過去の自分の幸せを無断でかじったものとして、私に意地悪な言動をすることを繰り返していました。子供にとっての9歳の年齢差は大きく、夏休みになって母方の実家に妹と一緒に預けられるたびに、私はいつもいわれのない理不尽な悔しさを感じていたのです。

その叔父が2022年9月14日にガンで亡くなりました。15日に、大阪に住む母親の妹の叔母から連絡があり、16日にこちらの地元でお葬式があったので、亡くなった母の代わりに出席して、最後を見届けました。疎遠になっていた叔父の40歳代の息子と娘(いとこたち)とも会い、いろいろと情報交換をしたのですが、叔父の行状は私が母親から聞いていたものよりひどいものでした。

結局、いとこたちが小さいときに、叔父は自分の不倫が元の離婚の末に、いとこたちを養護施設に預けて、それを見かねた祖母が引き取って育てていますが、その後も借金を重ね、それも祖母に支払わせて、祖母が亡くなった後は、成人した子供たちにもお金の無心をしていたことがわかりました。そのようなことから、ここ十年近くは子供たちとも絶縁状態になっていたのですが、自分の死期が近くなったこともあり後を頼む者がいないことから、ふたたび叔父からいとこたちに連絡を取ってきたということです。そして、まだ明らかにはなっていないですが、いとこたちの話ではいくらかの借金が残っている可能性もあります。

万事に手堅い私の母親とくらべると、兄弟といえどもまったく異なる生き方を叔父はしてきたようにみえますが、この自分中心の「俺が感」、世界の中心に自分がいるという万能感は、祖母を含めて母方に共通する思考で、それがある意味カルマ(業)的なものになっています。ピラミッド(ヒエラルキー)の頂点に上ろうとする人間の普遍的な欲望といえばいいのでしょうか、他人を支配しようとする意識面が強いのです。要は、人に向けて発する『念』が強い人間として存在することになります。私は、小さいときから、それらの親族たちを見てきて、またその影響を受けて育ってきたのですが、もちろん良い面よりもマイナス面の方が何十倍も大きかったです。私の人生は、この人間が発するマイナス面のエネルギーを浴びることからの出発でした。

話を進めますが、私の中(小宇宙)には、私の年齢分だけの堆積された叔父への鬱積した思いがあります。

叔父の葬儀をきっかけにして、叔父との過去の記憶が次々と表面に浮かんできました。それらはほとんどナルシストの叔父が発する嫌なエネルギーをまとった記憶でした。それと同時に、私の中に怒りが再燃していきます。叔父は何を根拠にして、あれほど傍若無人で傲慢だったのでしょうか。なぜ、自分を大きく見せるという無駄なことに、まわりの肉親や他人を傷つけても、一生涯のエネルギーを費やしたのでしょうか。それは、うすっぺらな自己満足の虚構でしかないのに…。

「叔父が私の夢枕に立ち、自ら懇願するまでは『命の書』には入れない。いや、叔父は命の書に入れるほどの価値があるのだろうか? どうせ、生きていても死んでいても叔父からは感謝もされないのに、なぜ私がそれほどの愛を彼にあたえなければならないのか……」

憤懣やるかたなかったのですが、浄化と上昇をしているとだんだんと「こだわるのは、バカらしいなぁ~」と考え出したのです。叔父は生きている間、その叔父の発するエネルギーと言葉によって、私は子供時代から長年にわたり傷つけられてきました。しかし、叔父が死んでからも生前の叔父の言動や仕打ちにこだわれば(意識をすれば)、叔父のエネルギーは私の小宇宙にとどまり続けます。地獄へ行くしかない叔父を命の書に登録しないのは、いわゆる私の復讐になります。

過去の次元(聖書の時代)にあった『復讐』は、もう必要ありません。それらは卒業すべき感情であり、概念です。

本日、9月22日。叔父を命の書に登録して、代金も送金しました。

これにより、私の中にある、叔父に関しての過去の記憶とエネルギーを決別することができます。

 

日戸 乃子(ひと のこ)

第20回目

5回目の婚姻届

2022年9月22日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

2月下旬、何田匡史さんが他界してから、辛く切ない日々を過ごしました。

いつまでも落ち込んでいられませんでしたので、わたしは、島道鉱泉の敷地内にある雪崩が起きた『大沢岳』と屋敷内の『お薬師さん』の石像に祈りを捧げるようになりました。島道鉱泉の聖地は不思議な場所です。祈りが叶い現実化します。ただ、どんな願いも叶えられるわけではない気がします。神の許可したこと正しい義を果たしていること自分勝手な、にんげん事の欲や情に対しての願いは現実化しにくいと思います。

5月、絶望に打ちひしがれ、未来を見失ってしまいました。

6月、悲しみが溢れてきて、島道鉱泉の場所から離れることばかり考えていました。

7月、じぶんの魂が戻り、もう一度やり直してみる気持ちになりました。

8月、運命的な出逢いの男性と共に生きていこうと決意しました。

9月、奇跡的な結婚を締結しました。

今回の結婚について、人の出逢いや付き合いは、じぶん次第で叶えられる事を改めて確信しました。日頃の行いや意識や気持ちは、知らないうちに蓄積されています。2日前から、腰回りが重くなり、痛みが出始めました。

『匡史さんが、亡くなってから、色々あったもんなぁ』と、感じています。

今は、主人がわたしの傍にいてくれて献身的な介助をしてくれています。彼の存在がありがたいです。いつまでも仲良く生きていきたいと思います。

第14回目

人間の意識が作り出した暗黒

2022年9月22日
語り:説諭士

 1995年1月17日、阪神淡路大震災のときでした。
ふと脳裏を掠めた想いは、一体この地震はどのようなプロセスで起きたのだろうか?
プレートの歪みが起こした自然現象なのだとは思いますが、どうしても納得のいかない部分があって、その思いのまま上昇(そのころはまだ瞑想と言っていましたが)しました。
すると右横の方から、頭のてっぺんに太くて大きな角を持った真っ黒な存在がスススーッと歩み出て、わたしの前に膝まずき、無言で頭を下げました。
その存在は、真っ黒で角が生えているが人間の姿でした。
一瞬のことなのでその意味が理解できていません。
「暗黒の世界を覗いてみよ」と言う言葉が降りてきました。
数日後「不安を抱くな、あなたはその世界を知る必要がある、恐れるな、不安と恐れは命取りになる、お役目だと思いなさい。」

数日後、わたしの心が定まったので、呼吸を整え向かいあいました。
部屋の中で風など感じる由もないのに、わたしのすぐ前で、風が起きています。
その後風がどんどん強くなり、両手を畳について身体を支えるのが精一杯でした。
次の瞬間、ゴーッという音とともに、地の底に瞬間移動です。
降り立ったところは真っ暗な世界で何も見えません。
わたしが立っている目の前が、暗黒の入り口だったのです。
いり口の黒い幕がスーッと下されました。
一歩前に進めようとしたその時、中に足を踏み入れることを拒否されました。
真っ暗な世界に目が慣れてきたのか、悪魔さんたちの姿が見えました。姿は人間です。中には妖怪のような存在もいました。
とんがった山の重なりあった所から、沢山顔を出しています。
どの目も鋭い目をしています。
一瞬わたしの足がすくみました。
「不安を抱くな、恐れるな」の言葉がわたしを勇気づけてくれました。
咄嗟にわたしが言ったのは、「怪しい者ではありません。あなた方の世界も私たちの世界も、元はひとつ」だと言いました。
瞬間に鋭い目が一瞬に柔らかい目に変わったのです。
どうやら受け入れられたのかと思い一歩前に踏み入れましたが、奥には入れないという無言の約束があるようでした。
奥の奥には大魔王が居る、そう思いつつその世界にも意識の層があり、わたしが見たのは本の入り口に過ぎないことを知りました。

このような体験から27年立った今、わたしの環境も変わり、精神学協会に唯一存在するタマシイの救済『命の書』というものがあり、その「命の書」の存在がわたしのお役目にとっての切り札的のものとなりました。
私たちは、全てが審判されるという前提で今を生きていますが、死んで審判されるより、生きているうちに審判を希求し、各々のカルマ(持って生まれたテーマ)を、少しでも早く卒業することが、この世での時間も楽しいものとなり、あの世でも光に導かれ「タマシイ」にとって、この上ない幸せとなります。
今後「命の書」の普及にエネルギーを注いでまいります。

第17回目

農に学ぶ

2022年9月18日
語り:たずさえ社

左折禁止の標識に、迷う赤トンボが揺れているのを、信号待ちの車窓から見ました。
移り変わる季節の中で、彼の心も揺れ、喧騒の日々に埋もれてゆく。そして孤独な悲しみを、セピアカラーに染めていく。
彼は道づれ求めて、人海を漂う。彼らは安らぎ探して、これから何処へ行こうとしているのか。

このところ、人の入れ替わりで、心身が痛みます。淡々と消化できない己の非力を恥じます。
百姓をやっていますと、癒されもしますし♪諭されもします♪ 自らの働き方に、驕りはないか、慢心はないかと…♪
先ほど逝去された稲盛和夫氏は『大善は非情に似たり、小善は大悪に似たり』と、言って、京セラのみならずKDDI並びにJALの再生など数々の偉業を成し遂げたました。農にも言えることです。良い菜を作るためには、適切な時期に大胆な剪定が大切です♪ 我が、たずさえ社も、そのタイミングが来ているような…(^^♪

大型台風14号が日本列島を直撃しそうです。できるだけの備えを畑にします。さて、今日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみま~す♪

第19回目

何田匡史さんとの思い出

2022年9月15日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

7月の大分でのカウンセリングから、2ヶ月半で、わたしの人生は奇跡的な現実ばかりです。『魂が地獄から、この世に還ってくる』そんな馬鹿な話は無いと思うわたしと、この世に戻るなら地獄で遊んでいた方が、まだマシだよ、というじぶんがいました。

わたしの中のじぶんは、いつも正直で純真無垢な存在です。人間界の目を気にして生きるより、精神界の仕組みに従い生きるのは、勇気が必要な時もあります。ただ、そんな事を気にし過ぎていたら、この世はつまらない世界になってしまう。それが、地獄からこの世に戻ったじぶんの魂の本音でした。

4月に、シンダラチャンネルのサイトで、書きたい事を書くことを許可していただいた時期、わたしは島道鉱泉から離れて一切の業務を止めるつもりでした。5月の下旬から6月にかけては、仕事をする気になれず、度々、何田匡史さんを思い出し泣いてばかりいました。

そんな、わたしに声をかけてくれて、励まし、支えて、見守ってくれたのは、何田匡史さんをよく知る人たちでした。人は亡くなってから、価値が判ると言いますが、全くその通りだと思いました。何田匡史さんは、不器用で、事故表現が下手でしたが、真面目で、一途で、誠実な人柄は、出逢った方々の心を安らげていました。そんな彼が撮る写真は、ほのぼのする安心できるものばかりでした。

現在は、何田匡史さんの代わりに、妹や北九州から移住してきた方が、島道鉱泉の撮影を引き受けてくださっています。彼女達のひたむきで健気な姿勢が、私の傷ついた心を癒してくれました。

雪崩のために尊い命を奪った島道鉱泉の場所は、わたしにとって辛く、悲しく、憎しみが渦巻いていました。それは、匡史さんの事を頼りにしていた証拠だったのだと確信しました。頼りという名の依存だったように思います。何田匡史さんの死を通じて、改めて、じぶんの生き方や在り方を、真剣に考えて行動していきたいと思いました。

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

第13回目

祈り

2022年9月15日
語り:説諭士

 精神学協会積会長より伝言がありました。その内容は「ユダヤの人たちの意識体が、高田さんに集まっています。その人達のために祈ってあげてください。」と言う内容でした。
咄嗟にわたしが返事を返したのは「ユダヤと言ってもアブラハム、イサクの血をひく純粋なユダヤの人達とユダヤ経を信仰しユダヤと言っている人達が居るようですが、」と返したら、「どちらにも良い人と悪い人がいます。とにかく全てのユダヤの民だと信じている人たちのためにです。」というお話でした。
わたしの『タマシイ』に刻まれた六芒星が関連しているのだと理解したので「わかりました。お祈りいたします」とわたしは、お返事いたしました。

ユダヤ問題は、世界のタブーだと言う人もいます。
昔は、ユダヤの血を引く者と分かれば一族皆殺しにあったと言う人の話も聞いています。
わたしの祈りというものは、すべての人に対して愛を持って祈りをするものです。
ユダヤの民だと信じている人たちのために、平穏な日々と愛の光が届きますように、そして平和な世界が訪れますように!
ただそのことを真剣に祈ることが、平和への方向性が示されるのだと、自分が信じている神に祈れば良いとの結論を得ました。

今わたしがやるべきことは、聖書はある宗教の経典ではなく、神の預言書(神から預かった言葉)としてのものであること。そしてメッセージをくださっているモーセ様やイエス様を信じること、更には空海様や道元様もレビ族であるというメッセージが降りたことも含め、わたしはそれらを信じ、自分にしかできない祈りをさせていただきます。
その気持ちには、宗教的なことや民族的なこと、さらには政治経済のことは一切関係ありません。
ユダヤの人たちが日本に来ているという真実もある程度理解しています。

以前「世界の雛形は日本、日本の雛形は和歌山です。頑張ってください。」と積会長から言われた言葉の意味には、色々な意味があるのでしょう。
『全てが自分のための学び』だと受け止めています。
今後ユダヤのことに関しては、祈りを通して感じさせていただいたことを書いていくつもりです。
しかしまだどのような内容になるのか、今はまだわかりませんが、空海様、道元様もユダヤの血を引くものであると言うことも伝えられていますし、モーセ様やイエス様からのメッセージがあれば、お伝えすることがあるかも知れません。