死んだらどうなる最新受信

第8回目

神仏を超える旅

2022年6月30日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

『肉体がなくなったら、この世で、神様の仕事ができないなぁ』
『だったら、浄化上昇して、頭をクリアにしたら神様の声が聴こえるようになるんじゃない。そうしたら、一緒に働けるんじゃないの』
何田匡史さんが生きていた時は、物質世界と精神世界をしながら、この世で出来る楽しいイベントを開催する話ばかりしていました。
幼少期のわたしは、病院で友達が見えない存在が見えていて、声をかけてきて、一緒に遊んだり、悩み事を聞いたり、時には追い返したり、、
小学生から、そんなことばかりを繰り返していると、霊や魔は、生きてるニンゲンと一緒、同じなんだと気がつきました。

また、神様言われている存在は、果たして正しいのか間違っているのか、と突き詰めると、、、
とんでもない闇と素晴らしい光に分けられるんじゃないか、、、
神の中にも、魔の中にも、霊の中にも、当然、光と闇があるのではないかと、、、仮定したら面白いんじゃないか。
そうなれば、見える世界も見えない世界も、気軽に楽しめるような気がします。
そんなふうに考えると、ニンゲンに、光と闇の部分があるのは、仕方ないのかもしれません。
6月に、入り、じぶんの思いや願いが、すぐ現実化するたびに、早く何田匡史さんの傍に行きたいと思うようになりました。
それは悲観的な思考ではなく、この世に思い残すことは何もないと考えているから、死は怖くないのです。

何田匡史さんは、精神学協会の光使という紋章のような勲章のような名誉ある役職をいただきました。
彼は、精神学協会・積哲夫会長に見送られて、この世を旅立ちたいと強い希望がありました。
それは、彼のもう一つの夢、死後の世界で、神様業界に君臨している存在を確認するという目的もあり、何田匡史さんご本人は満足いく結果になったようです。
残されたわたしは、大変です。
大変な役割がたくさん出てきて、彼と一緒に取り組むプロジェクトを、また最初から組み直して始めることになりました。
シン・シンダラチャンネルの配信が始まり、私のまわりには新しいニンゲンが集中しています。
それは、まさしく、神の仕業、紙の仕組み、神のなせる技のような現実ばかりです。
余命宣告されていて、今もなお生き続けていられるのは、まわりのニンゲンに声をかけてもらっているからです。
ニンゲンの中にも神が存在し、その神の神性と交信をする。
それが、今のわたしが意識していることなのです。
ですから、何田匡史さんが、わたしに託した沢山の宿題を終わらせてから、正々堂々と死後の世界にいる匡史さんに逢いに行きたいと思います。
『はるさんは、もっとみんなの前で喋らないと』
『はるさんは、色々な人に逢わないと』
『はるさんは、人に勇気を与える人だよ』
『はるさんは、人に希望をくれる人だよ』
今でも、何田匡史さんの言葉を思い出すと涙が出てきます。
彼は、わたしを一番、理解してくれた唯一の存在だったのです。

『神を超えよ!仏を超えよ!』
の書籍出版の準備が進む中、新しい事業展開のサロン開店の準備が始まりました。
6月上旬に、決意してから、怒涛のような流れが、わたしに押し寄せて、新しい出逢いとご縁が繋がっています。
今日は、地元の商工会の方との関わりの中で、次のステップに繋がるお話をいただきました。
また、新潟県糸魚川市に存在する超一流の職人の方との出逢いもありました。
まさに『癒しのパワースポット島道鉱泉』の四代目当主の存在価値を見出した日でもありました。
来週は、大分でのシンロジカルカウンセリングに出掛けます。
これから、始まる島道鉱泉プロジェクトにまつわるお話を聴きに出掛ける旅です。
今日、ある命に感謝して、物質世界で形を残して行きたいと思います。
最後まで、お読みいただきありがとうございます。