何田匡史がつなげるシンダラ情報

第8回目

御神業のはずが

2022年7月8日
語り:たずさえ社

本日は、予てより計画していた御神業のため、信濃國一之宮 総本社 諏訪大社を参拝しました。
諏訪大社では、古より最も重要な祭儀とされる、上社・下社(四社)社殿の四隅に御柱を建立し、大社の御霊代を奉安する宝殿の造営を行う遷座祭が(4月1日から6月15日)斎行されました。

下社春宮
社殿までは日差しも強かったのですが、石神師が祈りをささげると心地よい風が吹きました♪
春宮の御神業を終え、下社秋宮へ向かいました。

秋宮に到着した直後、スマホニュースの着音が鳴りました!
『安倍晋三元総理、凶弾に撃たれ心肺停止!』二人とも、一瞬目を疑いました。

それぞれ思うところもありましたが、気持ちを入れ替え秋宮の御神業に就きました。
大祭後とはいえ、秋宮は結構な賑わいを見せていました。

下社秋宮
追記、秋宮での御神業が『安倍晋三元総理』の御霊祈りへと変わっていました。

真っ直ぐな気持ちで日本を愛し、真っ当な価値観で世界のリーダーを惹きつけた総理は、これまでいなかった。日本には、安倍元総理のような人が必要なのです。
祈りもむなしく、安倍晋三元総理は凶弾に斃れました。

御神業の報告は、次号に続く…♪

さあ~♪明日も生き活きと働くぞ~♪ 農耕も楽しむぞ~♪、そして自分磨きに勤しみます♪