死んだらどうなる最新受信

第11回目

病は気から

2022年7月21日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

記・7月10日(日)
人間界では、妹で生まれた彼女が、実は『お薬師さん』で、菩薩、地蔵、石だったなんて、、、大分カウンセリングでの、積会長やシンロジ・ラボの鷲尾先生の言葉の使い方が、態度が、雰囲気が、、、とても勉強になりました。わたしの人生は、わたしだけのものではなく、わたしに関わる全での存在と繋がっていると勝手に思い込んでいるじぶん。毎日、脳みそを取り出し、島道鉱泉の源泉で、ゴシゴシと汚れを洗い流しているイメージで、過ごしております。抗酸化、抗菌作用、一晩寝ると、エネルギー、肉体、精神の疲労が、遥かな彼方へ飛び出していく、、、その飛んでいった疲労は、どこにいくのだろうか。島道鉱泉には、不思議なベールが山全体をおおい、霊や魔や神は、必ず、それをめくってくるので、必ず頭を下げています。

何田匡史さんと、一緒にお風呂に入っている時、わたしたちは、必ず頭を下げて、入浴をさせていただきました。匡史さんは、京都から移住してきたばかりの時、浴槽に潜っていました。浴槽に潜ると、メッセージが聴こえていたようです。わたしの魂は、長い間、地獄に滞在していましたが、人間観察はしっかり出来ていました。何田匡史さんは、浴槽に潜り、ごじぶんの肉体の健康診断をされていたと思います。以前、和歌山県在住の女性の方が、水が話しかけて、カラダを身体検査しているみたい、何も言わないので、どんな意味ですか。と聞かれたことがあります。

以前、精神学協会の積会長に、『君は、人より脳みそが多いよ。』と言われました。それまでは、首が詰まっていましたが、積会長に言われてから、納得しましたので、首が詰まらなくなりました。積会長は、にんげんの形をしていますが、実は、にんげんの病気を治す人なんだと思います。

病気が治れば、病体が治ります。
体の調子が良くなれば、気分が良くなります。
気分が良くなれば、気持ちも軽くなります。
気持ちが軽くなれば、何かやりたくなります。
と、いうように、わたしちは、毎日、見えない世界で生きています。
昔の人は言いました。『病は気から』その通りだと思います。

わたしは、明日、東京で開かれる事業説明会に参加します。世界一、愛されるECサイトを目指している会社です。世界一、、、愛される。わたしは、闇から、霊から、魔から、地獄からも愛されるにんげんを目指したいと思います。(笑)
今後ともよろしくお願い申し上げます。