死んだらどうなる最新受信

第10回目

地獄からの生還のあと

2022年7月14日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

7月3日(日)大分でのカウンセリング後、和歌山の貴志駅近くにある素敵な古民家『神饌行器(しんせんほかい)』へ立ち寄りました。
神様の絵を描くWさん。
SBMインスタラクターのMさんとAさん。
『日本人は救世主』『神を超えよ!仏を超えよ!』の出版社のS社長。
貴志駅前に出店している『自然食品の店・しおん』さんからの手作りのお料理をいただきました。

今回は、S社長が、初めて神饌行器に訪れたので、書籍の出版の事もあり、シンセン・コウセンで、神様繋がりのイベントの計画も飛び出しました。
その計画を具体的に進める時期は、やはり、シンショの2冊目『神を超えよ!仏を超えよ!』が発売されるタイミングのような気がしました。
神饌行器の皆様の清らかで軽やかな波動は、とても心地よく、改めて大分でのシンロジカルカウンセリングの内容を復習することができ、有意義な時間をいただきました。
今回の旅には、何田匡史さんの波動が穏やかなのを感じました。
まるで、これから始まる新プロジェクトを静観しているような不思議な雰囲気でもありました。

そして、神饌行器で、印象に残ったのは、正門から入った場所にあるスタジオでした。
農作業用の重機を片付けたら、ある意味、神社、それ以上に値するくらい清らかでクリアな素晴らしい空間でした。
『この場所に、神様の絵を飾れば、訪れた方を癒し、元気にしてくれるんだろうなぁ〜』と思いました。
と、同時に物質世界で始まる新しい分野での仕事が盛りだくさんな事にワクワクしました。
スタジオを拝見した時に、大分のカウンセリングで、魂が肉体に存在しない、と言われた事を思い出し、わたしの魂は、この世の穢れたにんげんが、大嫌なんだなぁとつくづく感じました。
西洋の魂が肉体に入っていた時より、じぶんの魂が入ってから、今まで以上に、とんとん拍子に事が進んでいます。
しかも、かなり、ハイスピードで、、、動いています。

7月5日(水)から、繋がっている新しいご縁の皆様。
その、にんげんの中に存在する神性が惹かれ合い交信しているような現実を目の当たりにしています。
また繋げてくれているMさんも、精神界が使した存在なのかもしれません。
次回は、7月5日(水)から始まったカミワザの現実をお伝えしたいと思います。
これからも見える世界の存在と見えない世界の存在に、誠心誠意を尽くし、礼儀礼節を重んじて、精進して参りたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。