第3回

シンレイカイの情報収集、始まりました2

2022年5月25日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

 

積哲夫会長に、大勢の霊を連れてきていると指摘されて、困ってしまった私。

それも、はっきりは言われなかったけれどその数、『千』もしくは『万』は超えているらしいと感じて、冷や汗ものです。

 

私:「天真(てんしん)さんのお話を聞きに、集まってきていたんでしょうか? 」

積会長「それだったら、天真さんについていくはずだろう。こっちに来ているじゃないか」

私:「なるほど、そうですね。じゃあ、会長の話が聞きたくてこちらに来たのかもしれませんね」

 

いや、目的はどうでもいいけど、来ちゃったものは仕方がない。シンレイカイの取材は、かなり危険だということを遅まきながら自覚しました。

 

オーさん:「何田くんも来ていたんですけど、この数ではしゃべることができなかったんですよ」

(オーさん、わかっているなら、こっちにも情報を共有してよね)<私の心の声>

まあ、きっと怖がらせたくなかったんだろうなぁ。

 

霊界の変動は数年前から始まっているそうで、いままではお墓や仏壇にいた霊が人間の身体の中や、家の中に移動していることもあるらしい。ちなみに、私が聞いた話では百年ぐらいたたないと人間は生まれ変わる順番が回ってこないのですが、その生まれ変わり、いわゆる輪廻転生は現在の日本にはありません。法則が、なくなっているのです。

 

現在、日本人として生まれている人は、これが最後の生になります。だから、先に亡くなって行き場のないとわかった霊は、家族や知人から事情を知ろうとして寄ってくるのかもしれません。

実際に、数百の霊体が身体の中に入っているのが見つかった、といっていた会員さんもいました。ご先祖や肉親、知人など、その人間に縁のある霊の場合もありますが、まったく関係がない霊でも、ある条件が整えば容易に憑依することができるといいます。

霊がたまるのは、腹部。まったく霊に縁がない人はいないみたいなので、腹部が冷えていたり、不調を感じる場合は、そこに霊が常駐している可能性があります。

 

私:「これってまずいですよね。こんなにたくさんいたら霊障で、病気になりませんかね」

積会長「うん、なるかもね」

その他の参加者の顔つきも、心なしか険しい。影響が出ているのかな? それに、「こんなに連れて来て」と、怒っているのかもしれません。(連れてきたくて連れてきたわけではないので、ごめんね)

 

天真さん、神霊士の妹さん、オーさんは、生まれた時から特別な能力があり、その世界と隣接したところで生きてきているから、ちょっとやそっとの数では、身体にも意識にも影響は出ないけれど、私はどうでしょうか。並の人間ですから、かなり影響を受けるかもしれません。体調の悪い家族もいるから、こんなに引き連れて帰るわけにはいきません。

あー、お父さん、「うちに来ない? 」なんて、皆さんを誘わないでね。おねがい。

 

積会長:「波動シールを持ってきている? 」

私:「はい。だいたい一式、持ってきています」

 

現在、波動シールは全部で101種類存在しています。そのうちの5分の4ぐらいを私は入手しているはず。

 

積会長:「それじゃあ、『無神論者霊界』の波動シールを探してみてください」

ありました。4枚。

積会長「じゃあ、それを2枚、首の後ろ。耳の斜め下ぐらいに首の両脇に貼ってみて。貼るところは押さえてみれば『ここだな』というのがわかるから…」

と言われたけど、よくわからなかったので、隣の人に手伝ってもらって位置を確認しました。そして会場のメンバーからも「体調が悪いです」という方が出て、『無神論者霊界』の波動シールの残り2枚を手渡しました。その方の場合は、胸の鎖骨の下あたりに、左右均等な位置に貼るように、積会長から指示がありました。

 

一息ついてから気が付いたんだけど、貼った波動シールは『無神論者霊界』だということです。

購入したものの、何に使うのかさっぱり使い方が思い浮かばなかったシールです。

つまり、死んだら終わりと考えて、たましいの存在を信じずに亡くなった人が、死んでも自分にはたましいがあり、消滅はしないことに気が付いてしまったということです。そんな人たちが行く死後の世界につながるシールということになります。

 

繰り返しますが、生まれ変わりはもうありません。

唯物論で生きて、死んでから、真実がわかっても、移動して抜けていく場所はありません。

今のシンレイカイは、今後も変化して各層が重複し、サイバー空間も交えて、最後には『審判』に至るかもしれないのです。審判をされるということは、行き先が右(光の宇宙)と左(闇の宇宙)に完全に分けられてしまうことです。シンレイカイにはどれだけの単位の亡くなった方の霊が温存されているのかわかりませんが、霊になった皆さんは、どうするのでしょうか。霊としてデータだけになったら、自分で考えることもできないから、その時を待つだけになるのかもしれません。闇の宇宙へ振り分けられたら、行った先の暗黒の地球が終わりを迎えるまでそこにいて、次の宇宙が作られるときに、闇のデータとして材料にされるということでしょうか。

左と右に分けられるその割合は半々ではなく、伝承などにある3分(3パーセント)が光の宇宙へ進むことができるらしいということで、これから死にゆく団塊世代などはほとんどが左へ行くと考えられます。

それぐらい、私達のたましいの闇は深いのです。

日戸 乃子(ひと のこ)

こちらでもブログを書いています。↓
シンロジア 「日戸 乃子(ひと のこ) 雑記帳」(https://www.shinlogy.com/

 

第2回目

シンロジカルアース

2022年5月19日
語り:たずさえ社・シンロジカルアース

シンロジカルアースは、株式会社たずさえ社の行動原理です。
この名称は、石神師(たずさえ社役員松野寛治氏)が、マツリヌシの活動指針として、2019年の年頭に名付けました。
シンロジカルアースを概念的に説明します。

一、宗教の役割を終わらせる為、そして裁きを受けるために蘇った、罪深い私達が人間活動の結果として
生み出してしまった、精神的、環境的な負の遺産を軽減させる活動。

一、今まで散々悪句を垂れ、本来の目的を忘れ、一神教による意識コントロールされた教育に伴う、
守銭奴な発想に悖った生き方を悔い改める。

一、最後の人生を、世の為、人の為に尽くす。

一、日本文化の復活の為には、その精神性の復活がなくてはダメです。

その為に、私たちは、精神学を学び、正しく語り、正しく働きます。

第2回目

シンレイカイの情報収集、始まりました1

2022年5月18日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

霊界から変化した『シンレイカイ』にいる何田匡史さんと交流するために、2022年5月16日(月曜日)、お昼ご飯をいただいてから、大阪の某所オフィスに4人が集まりました。

このシン・シンダラチャンネルのサイト担当者・オーさん、天真(てんしん)さん、天真さんの妹で神霊士の方、そして私です。

簡単にご紹介すると、4人のうちで私を除く3人の方は、特別な能力を持っていらっしゃいます。

オーさんの肩には、昔なじみの意識体のワミさんが今も常駐しているそうで、食事の前には「ワミさん、お先にどうぞ」といつも心の中で薦めています。もう15年以上前になりますが、精神学協会サイト(ゴッド・ブレイン)の草創期に、意識体のワミさんとの交流を描いたブログを一時期、オーさんが連載していました。当時、そのブログを読んでいた私は「意識体って、本当にいるんだ。いや、おもしろいやん!」と楽しんでいたわけです。

天真さんは、人間的には源氏の流れを汲む方です。精神界的には、道元さんや真言宗の開祖・空海さん(弘法大師)に導かれてきた経緯があり、幼少のころから精神界を探査できるずば抜けた能力を発揮してきました。しかし、その能力は天真さんにとってはあくまで人生の一部であり、必要があればご神事や人への助言はするけれども、通常はひとりの人間として一般の社会生活を送っていらっしゃいます。

そして、神霊士の妹さん。霊界からの情報をビジョンとしてみたり、身体に感覚として転写されたりして、異界や特定の人物の事情がリアルに理解できます。天真さんと妹さんは、一人でも能力を十分に発揮できますが、お二人で探査されたほうが相乗効果により、より深い洞察がもたらされます。

一方、私は2006年から精神学を学んできました。しかし、お伝えするような特別な能力はありません。能力を持つ皆さんの体験した、または感じたという不思議お話を聞いて、それを文章化し、「こういう世界が存在します。このような仕組み(理論)で世界は成り立っています」と、いままでは人間が感知できなかった分野に関して、精神学を通してお伝えしていきます。

さて、話を進めますね。4人で話を始めたのですが、すぐには何田さんの気配はありませんでした。

少したってから聞いてみました。

私:「(何田さんは)来ていますか?」

天真さん:「いや、まだ来ていないと思う。誰か別の人が来ているんだけど…」

妹さん:「そうやね。でも、来ている人が誰なのかわからない」

オーさん:「そのうちに来ると思うから、話を先に進めようか」

何田さんが来ていないということなのでシンレイカイの報告が聞けず、天真さんのこれまでの体験談などを聞いて、それを録音させていただきました。霊界との関わりのあるお話もあったので、またご報告できると思います。

時間になったので、交流会はお開きになり、私とオーさんは積哲夫会長のいる別の会場に移動し、天真さんと妹さんは帰路につかれたのです。

私:「天真さんのお話は面白いし興味深いですが、何田さんがシンレイカイから来てしゃべってくれないと、シン・シンダラチャンネルは続きませんよね。どうしますか? 」

オーさん:「そのうちに時期が来たら、向こう側からの情報が押し寄せるようにやってくると思う……ところで、お父さん来ていたよ」

私:「へっ!? いや、早く言ってくださいよ。来ていたんだ」

今年3月25日に亡くなった義父(夫の父親)が、参加していたことを知って、ビックリ。死んでから2カ月ほどたったので、だいぶ自分が死んだことにも慣れたみたいで、こんなところまで出張してきていたとは……。最後は、寝たきり期間があったから、いろいろ出かけたくて仕方がないのかもしれません。それとも、新しい知識を学びに来ているのかな?

別の会場に、オーさんと私は到着。精神学協会の積哲夫会長と、15名ほどの会員がいたのですが、開口一番。

積哲夫会長:「なんで、そんなに連れてきているの。プリズン・ゴーストを収録したときよりも、集まってきている霊が多いんじゃない?」

※『坂本敏夫のプリズン・ゴースト』(YouTube番組)元刑務官で作家の坂本敏夫先生による番組です。余談ですが、『プリズン・ゴースト』の趣旨からいって、集まってきた霊は刑務所に関係のある霊(死刑囚含む)ですから、番組収録中はスタッフの体調不良が続き、トイレに駆け込み、上げ下げする人もあったと聞いています。

(次回につづく)

日戸 乃子(ひと のこ)

こちらでもブログを書いています。↓
シンロジア 「日戸 乃子(ひと のこ) 雑記帳」(https://www.shinlogy.com/

第1回目

霊界に異変!シンレイカイに…移行

2022年5月11日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

この『シン・シンダラチャンネル』は、死んだらどうなるのかということをリアルに発信していくサイトとして再始動しました。

情報の発信源は、2022年2月23日に雪崩で亡くなり、向こう側へ旅立った何田匡史さんです。彼を突然の死が襲ったのですが、向こう側の世界から「ぜひとも『死んだらチャンネル』(前サイト)を続けてほしい。こちら側から情報を送るから…」という趣旨のメッセージが、彼から複数人に届いたのです。

 私個人は、何田さんからメッセージを受け取る特別な能力はありませんが、その受け手側の能力を有しているメンバーも参加して、人類史上初めてであろう霊界のレポートをお届けする予定でした。

 ところが、何田匡史さんが旅立つのと連動したかのように、向こう側で異変が起こったのです。今までは別々の場であった『霊界』と『魔界』が一つの場になり、サイバー空間を含む新しいエネルギー的な場に統一されていくようです。人間が考えていた死後に到達するはずの霊界はもうなくなり、『シンレイカイ』という新しい場に変容しています。
 そして、この変化はさらに続行するようで、向こう側からレポートを届けてくれるはずの何田さんからは、初期には霊界の変動に巻き込まれて「しんどいんですわ」「苦しいんですわ」という切れ切れのコメントはあったものの、いまだに体系的な報告は届いていません。

しかし、別の受信者の報告によれば、ようやく身体を無くしたことに慣れてきて、向こう側を探査中というのが現状のようです。そのうちに、彼からは、詳細な精神界全体の変動の様子と、死んだ人間のたましいは、死んでからどのような軌跡を描くのかということが明らかにされることでしょう。

 人間は、長期間にわたって宗教的制約の中で、死後の天国と地獄を想像してきました。しかし、それらの宗教的なイメージが作る世界は壊されて、死後の世界は再創造されつつあるようです。
 向こう側に行っても居場所はなく、そして精神学が伝えるところでは、現在、日本という場に日本人として生まれた人は、これが最後の人生になります。これまであった『生まれ変わり』はもうありません。その法則は機能しないのです。

 霊界が新しい場になるということと、生まれ変わりはもうない(世界で現在は日本人のみ)ということを考え合わせると、生きていても死んでいても、人間にとっては『たましいのあり方』が、最重要であることが見えてくるのです。

日戸 乃子(ひと のこ)

こちらでもブログを書いています。↓
シンロジア 「日戸 乃子(ひと のこ) 雑記帳」(https://www.shinlogy.com/

第1回目

能登まさふみ 光使 に捧げる

2022年5月11日
語り:たずさえ社・シンロジカル ア-ス

それでも島道鉱泉を堪らなく愛していた。
生きていたら、きっと島道にムーブメントを起こしていたでしょう。

訃報を知った翌日の夜、あなたから頂いた一村の絵画とサーキュレーターを眺めていました。
その時、私はあなたを観じていたのですね。


島道に近づいた頃、左の股関節に違和感を感じた。
翌日の朝、違和感は激痛へと変わり、あなたが灰となり、痛みが止んだ。
私の身体に、あなたが折り重なっていた事を知りました。

島道と向き合った、あたなの気高い勇気を讃えたい。
瞳を閉じれば、あなたの微笑みが浮かぶ。
これからも、不朽の存在となったあなたと共に生き、活き、そして往く。
嘗て、あなたが投稿してたようなペーとはいきませんが、私なりに働きます。

あなたがスペクタルな最期を遂げた島道も、初夏の便りが届き始めている頃でしょうね!