[36]【神籬】ダッチ❗️メディアになる‼️

  1. みなさまこんにちは😁
    明日、1月6日は今世紀最大‼️ひかりの大革命の火蓋が切られます❗️
    世界の民主主義国家へのメッセージでもあるこの革命は、今から六十年前の
    1961年1月20日、第35代アメリカ合衆国ケネディ大統領の就任演説に端を発してます。
    それは、

And so, my fellow Americans:/ ask not/ what your country can do for You/-Ask what you can do for your country.

ですから、私の仲間であるアメリカ人の皆さん:/尋ねないで下さい/国があなたのために何をしてくれるかを–/尋ねて下さいあなたが国のために何ができるかを。

『国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために、何をなすことが出来るのかを問うて欲しい』その演説から60年経った今、トランプ大統領がこれを国民並びに世界に立証しようとしています‼️😀
2021年1月20日、トランプ大統領は、白日のもとに、第46代アメリカ大統領に就任されることでしょう。

〜《またやっちゃた😜》〜
私達(たずさえ社)は、昨年の12月、生前整理の一貫として、竹藪伐採の依頼を受け、約10日間の工程で作業を行いました。
現地踏査後、その地の氏神様(八幡宮)にお力添えを賜りますよう祈願し、マツリヌシを執り行い作業に入りました。
作業も中盤に差し掛かった頃、弊社の(柱)とでも言うべき存在の従業員が、竹の反動を受け唇を切りました。
その翌日には、ダッチさんが岐阜入りをしたのですが、右の手首の負傷を訴えました。
その日は、兼ねてより師に来岐を懇願していた当日でもあったので、その事実を師に伝えました‥。
ダッチさんの負傷状態を見るなり師は、竹藪に行くと言われました。
竹藪に入った師は『ここは問題ない』そして周りを見回し、ある方向を指差して『アッチに行く』と言って歩き出しました。
そこは、寂れた墓地と廃寺(更地?)しかない筈なのですが‥?
その場所に着いた直後、鬱蒼とした森の奥に、寂しく佇む鳥居を発見しました。師はすかさず鳥居をくぐり祠の前に立ちました。
祠の扉を開けて、師は祈りました。
『神様が寂しがっている、此処には誰も来ないから』
そして、下段で見守るダッチを呼び寄せ、祠の一部に負傷した手を置くように指示するのでした。
手を置き祈るダッチ。師は『おめでとうございます。今、貴方の身体に神様が入りました。これで負傷した手は段々良くなるよ』

撮影をしている私に師が『明日朝、然るべき白山神社へダッチと行き、其処へ移って頂くように祈って来なさい』という指示でした。
一時的に神籬に成るダッチに師は『貴方は昇格しました』
その時は、その意味が良く理解できてない私とダッチでした‥。

一連の流れが終了した後、師よりキツいお言葉を賜りました😔
『本当に君はバカだな、二人が負傷したのは君のせいです』
お恥ずかしい話ですが、生前整理にしろ遺品整理にしろ『精進潔斎』をして、神様にお願いをしていたらこんな事にはならなかった筈です‥m(__)m (終)

1月3日 ダッチ夫妻と私達夫婦で師の邸宅へ新年のご挨拶にお伺いしました。
その時に❗️起きた出来事‼️ 全ては1月6日に繋がり、光の大革命の始まりを象徴するような重大な出来事が起きました‼️
それは、ダッ❗️ダッチが精神学をバックグラウンドにした、本物のメディアに‥‼️ 詳しくは、明日、1月6日‼️
ダッチアダチ公式チャンネルをご覧下さい♪

では皆様ご唱和下さい❗️

負けないぞ‼️ オーッ‼️ 戦うぞ‼️ オーッ‼️ ではまた〜♪

ダッチアダチ 公式マネージャー                 たずさえ社代表  前島 秀幸

令和三年一月五日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です