[24]【知行合一】天の用意は整いました‥。

第79回 神を超えよ!仏を超えよ!Ⅱ『デス・トーク』 より抜粋。
積先生:「人類の歴史の繰り返しは“神や神々の精神性の反映でしかない”のです。
だからもっと高次のものになろうと思えば、まずそのまちがった責任をとらなければなりません。
だから神や神々は人間に降りて責任をとるために働きましょう、として、それが“みおやさま”の“ミロク下生”という意思表示なのです。
“5度の滅びの責任者が人間になってこれを学びます”ということなのです。
この論理性に反論できる地球人がいるとは私は思いません。
どうでしょうか?本当の知識を少しはご理解していただけましたか?
 
12月24日、この日の奈良地方は晴天でした。
この日、私は、才色兼備な方に同行して、奈良の石上神社を参拝しました。
参拝の目的は、イコンシールを貼りに行くことでした。
下⬇️の写真を御覧ください。
                                                 before
                                                 after
石神師より、正門のbefore・afterの写真を必ずとる様にと、言われていましたので、スマホカメラで写真を撮りました。
レンズ越しの映像では、正門上の空は晴天だったのですが、before写真は曇った状態で撮影されていたのでした。
イコンシールは、天意により精神学協会に授けられました。
ミロク下生が、私達だとするならば、イコンシールを使用した働き方こそが、
我々の務めではないのでしょうか。
来年が、皆様にとって、輝かしい年であります事を、お祈りします。
本年も大変お世話になりました。
令和元年 大晦日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です