死んだらどうなる最新受信

第4回目

島道鉱泉・再生への道

2022年6月3日
語り:島道鉱泉4代目当主/能登はるみ

島道鉱泉の山々は、青い空と白い雲と新緑のコントラストが眩しい季節になりました。
何田匡史さんが、あの世に旅立たれて早くも3ヶ月がたちました。
月日というのは、人の気持ちや思いを変えてくれます。
変えてくれるというより忘れさせてくれると表現した方が近いでしょうか。
天災の悲惨な状況から、徐々に改善し、あらゆる存在のチカラをお貸しいただき、島道鉱泉の山々は、別世界になりました。
朝日が上り、眩しい陽射しが当たります。
鳥がさえずり、風が爽やかで、池の鯉が、時々、飛び跳ねています。
春になり、暖かな日が続き、木の芽が吹き、お花たちはそれぞれの個性を輝かせはじめました。
そんな風景を眺めながら、わたしは物思いにふけっています。

『これからどうしよう』
現実世界の自然界やまわりの方々の支援、応援が集まって来ていますが、わたしの心は不安で、気持ちは落ち込むばかりです。
復旧活動がスムーズに進み、たくさんの皆様の誠意の上に成り立つ暮らしと、湯治場・島道鉱泉の活性化に人力を尽くしてくださる支援・応援が集まっているのに…。
この世には、何田匡史さんがいません。
シン・シンダラチャンネルの配信をしていた何田匡史さんがいません。
相談する人がいない不安さと、まだ島道鉱泉の場所で働く覚悟がありません。
昨年の5月に彼と、京都から移住してきたこの時期、彼との事を思い出すと、悲しみと切なさが溢れて出してきます。
島道鉱泉の環境は、素晴らしい景色ですが、今のわたしからしたら残酷で憎い仇のような存在です。
まだ、わたしは、島道鉱泉の環境と一緒に働く事が出来ない小さいにんげんなのです。
にんげんごとで考えたら大切な彼の命を奪った『島道鉱泉の山々』との関係を断ち切りたい気持ちでいっぱいです。
でも、何田匡史さんからのメッセージ『はるさん力を貸してください』の事が頭から離れず悩んでいます。
何田匡史さんが、この世からいなくなり、わたしはスッカリ元気がなくなり、まだグジグジしています。
そして、何田匡史さんを奪った島道鉱泉の山々を許せないのです。
昨年の、この時期、匡史さんと日向ぼっこをしながら、未来のピジョンを語りました。
光と闇の仕組み、魂のテーマ、生きるとは、死とは、死んでから困らないように生きているうちに何をしなくてはいけないか、などなど…。
真実を追求し、本当のことを世に伝えるために、匡史さんは、神様に真剣に向き合い、精神学を勉強し、一生懸命生きていました。
わたしは、彼ほど精神世界に興味がなく、彼の一生懸命さと熱意に付き合っていた感じです。
そんな、彼といる時が一番面白くて楽しい時間でした。
いま思うと、何田匡史さんがやりたかった事は、わたしの小さい頃からの夢と重なるところがありました。
シン・シンダラチャンネルの配信が始まり、わたしの身の回りに不思議な事が起こり始めています。更新日近くになると、匡史さんが、わたしの身体に重なる事があり、わたしでない感情が湧き出てきます。
やはり、何田匡史さんとわたしは仲良しなのです。
今日は、彼と一緒に、散歩しながら『シン・シンダラチャンネル』で何を配信するか悩んでいる日になりました。
また、覚悟が決まっていないじぶんの弱さに気づいた日でもありました。
最後まで、お読みくださりありがとうございました。