第137回 神を超えよ!仏を超えよ!Ⅱ『デス・トーク』 2021年2月3日(水)

(通算第206回)
お話し:積哲夫  聞き手:何田匡史
(20201226収録)

何田:「“イコンデバイス”はもうすぐ発売されますか?」

積先生:「2021年1~2月に発売の予定と聞いています。」

何田:「それはとても楽しみです。闇のエネルギーを浄化し、光に繋げてくれるアイテムですもの。“イコンシール”と一緒に使用するのですね。」

積先生:「“イコンシール”と“イコンデバイス”を一番必要としているのは“アメリカ”です。
“本当の神の光”を求めている人々が北アメリカにたくさんいて、イコンシールとイコンデバイスが人間を“光”に繋げてくれるので、知れば、多くの人が光に導かれます。」

何田:「アメリカは“ゴッド・ブレス(神の息吹)”を失ったとお聞きしました。」

積先生:「今のアメリカは大統領が誰になるのか?(2021年1月20日ジョー・バイデン大統領に決定)わかりませんが、トランプ支持派と不支持は分かれて、その勢力が約50%:約50%近くに拮抗しています。
トランプ支持派の中からいろんなグループがたくさんできて、それぞれリーダーがでてきています。
そのそれぞれのリーダーが、人間としてカッコイイのです。
そのカッコイイ人達は間違いなく、“信念”を持っています。
『この時代のために自分は生まれて、先頭に立って戦うんだ!』と。
その人達は、お金のためでもなく、名誉のためでもなく、行動しているから“カッコイイ(男女)”のです。
そのカッコイイ男女の人達の元にまた人が集まってきます。そういう集団がアメリカ中にいま、いっぱいできつつあります。
やがて日本でもそういう風になっていくのじゃないですか。」

何田:「日本も“光のアメリカ”の部分を習って、“光の日本”に転換していくのですね!
早く“光の日本”に変化してほしいです!

ということは、日本の普通の人達に、女性の神様、女神様が見えたり、男性の神様が見えたり、ということが一般に起こるということでしょうか?」

積先生:「日本列島でそういう人がいっぱい増えてくると思います。
そういう時代になると、アメリカのお話しに戻すとね、もう共和党と民主党という政党はなくなります。全く別の政党になってくるはずです。
それは“光の党”と“闇の党”といった感じです。“闇の党”という名前の政党はできないと思うけれどね。

日本でも、たぶん政治というのは“光の党”と“闇の党”に分かれた状態になると思います。
ただ、いまの日本には“光の政党”が“ない”のです。」

何田:「光の政党って今の日本に全くないのでしょうか?」

積先生:「ありません。あると思ったら挙げてごらん。」

何田:「今の日本の政治にまったく光はなく、神様の光があるのは“天皇家”しかないと思っています。
日本はいわゆる政治も闇、教育も闇、日本列島は闇だらけ、です。」

積先生:「神社業界も結構、闇だよ。」

何田:「神社業界も闇なのですか?」

積先生:「守銭奴がいっぱいいるでしょ。」

何田:「神社やお寺に普通に参拝する人にも、神様は見えるようになるのでしょうか?
神様に興味がある人、興味のない人、ご利益で参拝する人も含めて、神様が見えるようになりますか?」

積先生:「神社やお寺に行く人の中で、神様が好きな人が神様を見られるか、どうかは、わかりません。
でも、このままでは日本という国の中で、『自分と自分の子孫達がもう、もはや幸せに生きていくことができないから、“何かの答えを探そう”』と思って、いろいろ勉強している人達は、やがて本当の“光”に出会うでしょう。
『その“本当の光”に出会う一番手っ取り早い方法が“精神学”だよ!』って、教えるのが何田さん、あなたの仕事なのです。」

何田:「あっ、はい、かしこまりました。」

積先生:「で、何田さん、きみの欠点の話です。“救いようのない人”を“一生懸命、救おう”とするところがきみの欠点!
悪いけれど、『神様業界からいわせていただくと、“たましい”には最初から“しるし”がついています。』
神様から見て、だめな人間というのは、何のために、いま日本に生まれて来ているかというとね、『地獄をつくるため』なのです。
“聖書”に書いてあるとおり、『悪をなす者は、ますます悪をなす。』の予言が今の時代で実現しています。
それは『地獄の材料』です。」

何田:「ああ、そういうことでしたか!」

積先生:「そういうことなのです。だって“地獄を作るには材料が必要“でしょ。
“地獄”というものは、地獄があって、地獄へ行く人がいる、のではなくて、地獄へ行く人が自分から地獄というものを作って、死んだら自分からその地獄に行ってしまうのです。
地獄行きの人は、同じエネルギーを持つものと、一緒に地獄へ行くことになります。
それが日本列島全体で、のちに地球全体で起きればどうなりますか?
多くの人がそれで地獄に行くことで、地球上は闇が少なくなって、“光の人”がたくさん増えて、地球はやがて、“光の地球”になります。
それが仕組みというものです。理屈に合っていると思いませんか。」

次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です