第121回 神を超えよ!仏を超えよ!Ⅱ『デス・トーク』 2020年10月14日(水)

 (通算第190回)
お話し:積哲夫  聞き手:何田匡史
(20200723収録)

何田:「積先生、イコンデバイスを動かして僅かな時間しか経っていないのに、身体が楽になりました。首も腰の痛みがとても楽になりました。
不思議です。“キセキの機器”と“キセキのグッズ”ですね、これは!」

積先生:「でしょ。イコンデバイスは身体にも使うイコンシールと相互作用で働いて効果が倍増するんです。イコンデバイスができて世に出ると、日本中の“S・B・Mサロン”は流行り出すことになるのです。」

何田:「次、イコンデバイスにイコンシールのライトシールを貼って試させてください。
こちらがライトシール用イコンデバイスですね。」

積先生:「はい、そうです。」

何田:「実は先日、会社である人とお話しをしていると、その後、私の首が寝違いみたいに、左を向けなくなりました。首が急に痛くって。
その人も闇のエネルギーが溜まっておられることは私の身体が感知しました。しかし、その闇のエネルギーが私の方に移るというか、私の身体が反応すると痛みが出てきて、なかなか治らなかったのです。
それが今、イコンデバイス、プラス、イコンダークシールで動くようになりました。ああ良かった!助かりました。ありがとうございます。
あっもう一つの、ライトシール用のイコンデバイスも、これは先のダークシール用と全然効果が違いますね。」

積先生:「(反応が)違うでしょ。」

何田:「はい、今度は身体と心にやる気が出て、こちらは“元気”になってきました!
これはすごいや!」

何田:「積先生、最近、島道鉱泉に行くと能登はるみさんの知り合いの方がですが、結構精神的にも身体的にも“しんどい”といわれる方に、“キセキグッズ”として聖別製品をおすすめしているのですが、それでも大変な人は、“浄化と上昇の、みことば”を唱えてもらって、私が後ろから離れてどこにも触らないで、私も精神学協会の“おふだ”で上昇してお祈りしています。
そうするとその人が変わるのです。元気になられるのです。これは本当にとても不思議!なのです。」

積先生:「それは良かったですね。不思議ではなく、キセキ(奇跡)だとお伝えしてます。
何田さん、いろんな人に“浄化と上昇”の指導をしてあげてください。
『“浄化と上昇”のみことばを教えて、その指導をやっています』って、宣伝してやり方を皆さんに教えて、伝えてあげてください。
効果が現れたら、そこから先は“精神学”を学ばれることをおすすめしてください。

(何田注:“浄化と上昇”をマスターすれば誰でも“上位の光の層にコンタクトできて”、“闇を浄化”ができます。“浄化と上昇”は誰でも簡単にできるから、他人に頼ることなく運も良くなってきます。“これが本当のキセキ(奇跡)”です。やってみればすぐわかります!)

イコンデバイスとイコンシールを使って、“浄化と上昇”を導けば、もっと時間短縮ができて、確実に“光の層”にあがれるでしょう。」

何田:「わかりました。積先生が作られた“浄化と上昇のパンフレット”を渡して読んでもらえれば、よくわかるということですね。」

何田:「この『死んだらチャンネル』も、積先生のお言葉として伝えるのに、前回ので190回目になりました。皆さんから本にして世に出さなければいけない、と声も聞いています。
私もそう思っています。
積先生のお話しとお言葉を残すのに、どういう計画にしましょうか?文章も見直さなければいけないですし・・・。」

積先生:「校正は大きな問題はないと思います。一番大切なのは何田さん、“あなたの意志”です。
大事なのは『自分で(自分が)ちゃんとやる』と奮起することです。
何田さんがちゃんとやるんだったら、電子図書にしてもいいのだけれど、売りたいのだったら“紙の印刷物”にした方がいいでしょう。」

何田:「わかりました。折角ここまで『死んだらチャンネル』、『積哲夫 特別対談/神を超えよ!仏を超えよ!』をさせてもらっているので、是非、形にしてなんとか残していきたいと思います。」

積先生:「何田さんちょっとお勉強をすれば、それはできると思います。」

何田:「わかりました。題名は『積哲夫 特別対談/神を超えよ!仏を超えよ!』でよろしいでしょうか?」

積先生:「神を超えよ!仏を超えよ!の、その1、その2でいいと思います。データは全部残っているのだから。でしょ。」

何田:「はい、それは残っています。」

積先生:「そのデータを本にするのに耐えられる状態にしてください。あんまり君の余計なことを言っている以外は剥らんで(へつらんで)いいよ。」

何田:「結構、私が余計なことを言っていると思います。」

積先生:「いや、何田さん、君自身を売り出さなければいけない、からね。君が有名になったら“何田匡史先生に講演をお願いします”って、お話しが来ないとも限らないでしょ。
その依頼が来た時に“べらべら”いらないことをしゃべるんじゃないよ。わかった?!
君はしつこいのだから。」

何田:「はは、はいもうそれは自覚しております。能登はるみにも何回も注意されていますので・・・。恐縮です。あつくなってはいけませんのです。
自分本位になってはいけないですね。そのスイッチを自分で入れてしまうところで止めることを“精神学”で学びました。
わかりました。何田匡史を売る方向で。
売り出す項目:
・『何田匡史』
・『積哲夫 特別対談/神を超えよ!仏を超えよ!その1、その2、の書籍と電子書籍』
・『“浄化と上昇”の指導と伝授』
・『“キセキ(奇跡)グッズ”-イコンシール、イコンデバイス、聖別の製品(塩、オイル、水、和歌山しおん山椒(サンショウ)製品群)』
・『島道鉱泉水(聖別水、イコンシール水)と島道鉱泉の場所』
・『最終知識』
・『命の書』
・『精神学』
・『S・B・M』
・『マツリヌシ』
・『キセキのお話し』
・『だれでも現れる“キセキの法則”』(←積先生のお言葉の最新版内容)
・『神様コンテンツ』、マンガ、アニメ、小説
といったところでしょうか。」

次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です