第100回 神を超えよ!仏を超えよ!Ⅱ『デス・トーク』 2020年5月20日(水)

(通算第169回)
お話し:積哲夫  聞き手:何田匡史
(20200209収録)

積先生:「アメリカの捜査当局は、日本の自民党の誰が中国共産党からいくらもらっているかというデータを全部持っていると思われます。」

何田:「えーすごいですね。」

積先生:「それがこの国の田中角栄さんの時からずーと続いている、ある意味の宿命なのです。だから今の政治家では、日本国は救えないのです。
“自民党だから大丈夫”なんていうことももはや“ない”のです。」

何田:「それも、ウォーギルトインフォメーションの結果なのですか。」

積先生:「パナソニックもトヨタも危ないよ、って言っている最大の理由はね、はっきりいうと“労働組合”なのです。“労働組合”って特権階級でしょ。公務員でも自治労とかあるでしょ。現在、立憲とか国民とか、旧社会党の筋を引いている国家議員ってあれは全部、労働組合の下です。」

何田:「はい、そうです。」

積先生:「戦後の労働組合というのと、霞ヶ関のある種の官僚が今のこの国の利権構造の中心にいるわけです。
それでその人達が作ってきた昭和の経済が死にかけているのです。日本をアメリカの属州にしたわけだから死ぬのです。新しいこともやってこなかったから。
以前に(私が)言いましたが、全部取られたでしょ。韓国に取られ、中国に取られ、日本の“オリジナル”が多少残っているのは、例えばトヨタとパナソニックが生き残ろうとしている電気自動車の部門です。
それにしたってパナソニックがテスラを過大評価してテスラと組むことによって、自動車用の電池の最大のメーカーになろうとしたのが今はもう裏目に出ています。

“電気自動車”という誘惑に駆られると中国が真っ先にその分野は国家的プロジェクトで動かしていたから、中国と組まざる得なくなります。
で、今中国と組んだらどうなるの?というお話しです。」

何田:「なるほど。大きくなりたいという願望とは反対にお金と技術を取られて破綻するのですね。」

積先生:「東芝がアメリカに騙されてウェスチングハウスを買って、会社そのものが潰れてしまいました。東芝の内部留保が1兆円くらいあったのが、あっという間に全部“消滅”したのです。
東芝がウェスチングハウスを吸収合併する時に何千億円かお金を払って、さらに吸収合併した途端にウェスチングハウスの累積赤字が7千億円とかあって、東芝の内部留保を全部消し飛ばしたのです、瞬間に。
その“責任”を誰も取っていない。」

何田:「その時の経営者の責任ですね。」

積先生:「その時の経営者と経済産業省の責任です。」

何田:「株主はもっと言えばよかったと思います。」

積先生:「株主でいえば日本国内に席を持つ株主はもう少数勢力になっています。もう半分以上は外国資本の会社に変わっています。日本の大手企業というのはサムソンみたいなものなのです。」

何田:「ニュースでソフトバンクの赤字が取り上げられていましたが外資というか・・・・」

積先生:「ソフトバンクといえば孫正義さんですが、ルーツは韓国の人で、今のソフトバンクのビジネスモデルは中国と手を組まないと成功しないものなのです。」

何田:「そうですか。では、中国のファーウェイはアメリカに許されたのですか?
これからあっという間に来る“5G”の世界でヨーロッパ圏は中国のファーウェイなしでは5Gは成り立たないというところまで進出しています。
いくら中国ファーウェイがアメリカと戦ってもヨーロッパが中国ファーウェイに依存して、中国になびこうとしていますが・・・ややこしいです。」

積先生:「ヨーロッパが“5G”で中国になびこうとしていますが、アメリカは“5Gの時代を早急に終わらそうとしている”のです。
だからファーウェイ外しでは、ファーウェイの部品がなければ成り立たない分野はファーウェイでもいいかな、程度になってきて、すぐに“次の世代”です。
“次の世代”では中国の会社はもう参入させない、と決めているのです。」

何田:「もうすぐ主流になる“5G”の次の世代のお話しですか?もうすでに“次の世代”のお話しが進行していますか!なんとです。」

積先生:「アメリカはもう考えています。武漢の新型コロナウイルスはアメリカに多大な犠牲者を出していますが、アメリカ合衆国商務長官はこれでアメリカに工場が戻ってくると言っています。」

積先生:「中国でアイフォンを作っている会社。」

何田:「鴻海(ほんはい)ですか?」

積先生:「その鴻海の工場が武漢から500km位しか離れていない所に主力の工場があるのです。わずか500kmなのでその主力工場が封鎖させれば、もうアイフォンは作れません。
武漢の新型コロナウイルスは世界の影響は皆さんが考えている以上にとても大きいのです。」

何田:「あの積先生、少し前に流行したウイルス感染症のサーズ(SARS)、マーズ(MERS)で収束したのは“ワクチン”か“特効薬”ができたからすか?」

積先生:「いいえ、あれは“自然収束”です。ただサーズ(SARS)でも8ヵ月くらいかかりました。ワクチンがあろうとなかろうと。
だから武漢の新型コロナウイルスは8ヵ月以上、東京オリンピックの開催は無理でしょう。(2020年2月9日(日)収録時点)」

何田:「武漢新型コロナウィルスは本当に自然発生なのか?人為的に作られた、または広められたものなのか?です。」

積先生:「自然発生か?人為的か?、それはそのうちわかってくるでしょう。バイオテロであっても噂でわかってくるでしょう。
でもあの人の死に方は異常です。道に転がって人が亡くなっている。普通だったら苦しくってどこかに辿り着こうとするなり、部屋で亡くなったりするのが普通ですが、道にバタンと倒れてそのまま亡くなっているなんて、何かおかしくないですか?」

何田:「とすると、もっと何かと違うのでしょうか?」

積先生:「だから、“急激に死ぬ”のです。普通だったらあんな“急激な死に方”というものはありえないです。」

次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です