何田匡史がつなげるシンダラ情報

第18回

人間の可能性

2022年9月 7日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

 

 

大型台風11号が通り過ぎていきましたが、事前の予想に反して被害は少なかったようです。

今年は、例年よりも大型の台風がやってくるという予測もあり、これから台風本番シーズンなのでまだまだ油断はできません。集中豪雨による被害も、今ではまったく珍しくなくなりました。

ところで、私の身体には首から左肩甲骨にかけて、筋肉痛とは別の鈍い痛みが出てきています。

「パソコンのやりすぎですよ。原因はわかっています!」と家族には怒られたけれど、そうかもしれないしそうでないかもしれない、のです。闇の深い場所に行ったことが原因の、エネルギー作用的なものかもわからないので、11日の大阪セミナーに参加して状況を見てから、それでも変化がなければ、診察を受けようと考えています。

頭の中(脳)にもエネルギーが詰まっているようで、うまく浄化と上昇に集中できません。すぐに別のことに意識が向いてしまうのです。そこで思い切って、浄化と上昇の時に使うお札を新しいものに交換しました。それで上昇してみたのですが、10分も立たないうちに寝ておりました。久しぶりです。上昇中に気持ちよくて寝てしまうのは…(寝ていたというか意識が途切れていました)。

大陸の中国は、全体的に渇水らしく植物の育ち具合も悪いようで、不作からの飢饉が予想されます。また大都市・北京などでも、銀行に預けてあるお金が引き出せずに、銀行前に長蛇の列ができている映像などがネットに上がるようになりました。住宅バブルが本格的にはじけてきているからです。一方で、アメリカ合衆国のニューヨークやロサンゼルスの街角の映像も、一派市民からネット経由で提供されているのですが、道路の両脇にごみがたまり、ゾンビのようにのろのろと歩く大勢の薬物中毒者の方たちの様子が映し出されています。最初は、「なんなの? 作り物の映像!?」と思って見ていましたが、それが現実のアメリカの大都市の風景の一角だと知ってこちらも唖然としました。この話を、知人に伝えてみたのですが、信じてもらえませんでした。そうですよね、この日本の平和さ、日常の変わらなさから比べて、世界の大国はすごいスピードで崩壊していっているのかもしれません。まさに悪夢級です。世界同時経済崩壊危機……これは十文字熟語に認定できますか。

世界の混乱が来た時に、現在の人間の能力と精神性で、それらの未曽有の危機が乗り切れるというのでしょうか。

これまでの歴史を踏まえて、未来志向の選択をすることができるのかはなはだ疑問ではありますが、『人間の可能性』が外付けでも何でもいいので、飛躍的に向上すればどうにかなるのかなぁ。まあ、七番目の文明に移行することは決まっているので、悲観的に考えても仕方ないですが、私個人としてはあと宇宙二つ分くらい賢くなりたいと願っております。(笑)

宇宙二つ分向こうのお話として、新刊『神を超えよ! 仏を超えよ! 積哲夫の言葉【一の巻】』が、すでに印刷にかかっております。9月中旬には、お手元にお届けできますので、ご期待ください。

日戸 乃子(ひと のこ)