何田匡史がつなげるシンダラ情報

第8回

光への浄化と上昇

2022年 6月 30日
編集:日戸 乃子(ひと のこ)

 

毎日の日課としている、光への「浄化と上昇」。

やり方については、精神学協会のホームページ(光への上昇)にも掲載されていますし、何田匡史さんが書いていたブログ『死んだらチャンネル』にも、いち早くやり方が紹介されていました。浄化と上昇は、おふだを両手で持ってみことばを唱えながら、上昇していくイメージで始めます。(おふだがなくても、みことばだけでも浄化と上昇はできます)

しかし、自分ではきちんと上昇しているのかどうか体感できない時があり、上昇中に眠ってしまったりすることが続き体調もすっきりしない時は、きちんとエネルギーや波動がわかる人に浄化上昇ができているかどうかを見てもらうことがあります。

それが「浄化上昇の指導」とか、「(精神学の)コーチング」とか呼ばれています。指導する人によって名称が違いますが、指導する人は向き合った相手から出るデータを読むことができます。人間がきちんと浄化上昇をすると、その人から出てきたデータを、脳の回路で読める人がいます。私は、昨年、何田さんに3回ほど浄化上昇の指導をしてもらいました。彼の場合は、視覚的なビジョンと言葉がでてきていました。その出てきたビジョンを説明してもらうことによって、私の中でこれまでの人生での出来事について今までと異なる理解ができることもありました。

しかし、過去の人生の解釈が変わり解決の糸口になることもありましたが、サポートとして助言を受けることはあったとしても、参考程度にしておかないとその助言に重きを置いてのめり込むと、また別の物語の扉を開いて堂々巡りが始まってしまいます。

何事も、他人任せではなく、自分で自分の人生を考えていかなければなりません。これから先、どのように歩んでいくのか、何をしたいのか、です。時間は限られているし、社会の情勢もこれから激しく変化していくようです。

何が正しいのかを決めるのは自分であり、次を学べば、その答えを容易に刷新できるということ。

まあ、進化というのは変化していくことでしかないようです。

 

日戸 乃子 (ひと のこ)